スポンサーリンク

「追い出す」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「追い出す」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「追い出す」【おいだす】の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「追い出す」とは?意味

「追い出す」【おいだす】とは、今その場所から外へ追いやるという意味があります。

追い立てるようによそ者を別の場所へと追いやってはそこにいる人に安心感を与えたり、危険を回避するわけです。

自分に危害をもたらすと思う人物や動物など生き物に対して使われる言葉であり、「追い出す」ことで安心感を得たい、厄介な者とは関わりたくないと思う人の気持ちを表せます。

「追い出す」の概要

その組織やグループに釣り合わないと思う人に脱退するよううながしてもそこに居座るのであれば、強引に追い出さなければならないと思う人の気持ちを表せる言葉です。

「やめたくない」と激しく抵抗するようであれば追い立てるように外へ出し、二度と入ってこないようにする目的もあります。

ほとんどの場合、追い出される人はいくら「出て行ってくれ」と忠告しても居座るため、これでは困ると感じた者が強引に他の場所へ行くよう「追い出す」わけです。

この言葉の類義語には「追い払う」があり、まるで埃を払うかのようにその場所から出すという意味があります。

苛立つ相手や鬱陶しいと感じる者を手で払うようにして、今いる所から出て行ってもらうときに使われています。

「追い出す」の言葉の使い方や使われ方

組織や企業にとって秘密事項を漏洩しそうな社員や横領するのではないかと疑われる者を特定して、問題が起こる前に会社から追い出し、未然に事件を防ぐときに使われています。

また、家族の輪を取り乱すような人は家から「追い出す」ことで安心して暮らせるようにするという状況でも使われており、その後の生活を考えたとき、たとえ子供であっても叩き出すように家の外へと出すわけです。

このように、問題を起こしそうな者を「追い出す」ことで今の悪い状況を改善し、問題を解決する目的でその場所から別の所へと出て行ってもらうときに使います。

この言葉は人間に対して使われるだけではなく、「家の中に入ってきてしまった野良猫を追い出す」「窓から入ってきた鳥を追い出す」などいきなり飛び込んできた生き物に対してこの場所は入るべきではないということを行動で示すときにも使われています。

「追い出す」を使った例文(使用例)

・『同居したいと俺の家に勝手にあがりこんだ親父を追い出すことにした』
・『まったく言うことを聞かない娘が暴れるので夫は荷物もろとも追い出すことにした』
・『自分が持つ古い発想を追い出すため、私は新しいものに目を向けるように心がけた』
勝手な行動する者はたとえ親であっても許せないと感じた息子は別の場所に住んでもらおうと親を追い出しますし、家の中で暴れるような子供は危険なので鬱陶しいと感じれば二度と帰って来ないよう荷物を持たせて「追い出す」わけです。

また、自分が持つ古い発想に縛られていれば個性的な作品が生み出せないため、新しいものを吸収し、身に付けられるよう目を向ける工夫します。

まとめ

自分が嫌だと感じる相手を「追い出す」ことで苛立つ気持ちや悪い状況を改善できるのなら、たとえ家族であっても恋人でもその場所から出て行ってもらうことが大切です。

我慢せず、危険だと感じたときは相手を強引に追い出し、自分にとって負担に感じない最適な状態になるようにしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典