スポンサーリンク

「追尾」と「追跡」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「追尾」と「追跡」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「追尾」「追跡」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「追尾」とは?

「追尾」は相手をどこまでも必要なまで延々と追いかける様を意味する言葉です。

その為「追尾ミサイル」という言葉は延々と後をぴったりつけ相手を追いかけ続けるミサイルであるという意味になります。

「追尾」の使い方

「追尾」は相手をしつこく追いかける場合、「追尾」すると記すことで相手を追いかけまわす意味で使用します。

「追跡」とは?

「追跡」は相手を追いかける様ですが見つかることなく追いかける様を意味します。

その為、見つかってしまった場合「追跡」とならない場合もあり、『尾行』という言葉と同意であるとされています。

ただ、「追跡」は追いかける行為ではありますが、追いかける側は相手に対してしつこく追いかけないため『尾行』と同じ意味で用いても通用する言葉です。

「追跡」の使い方

「追跡」「尾行」という言葉と同じ意味合いで用いることができます。

「尾行」は後を追う様でかつ相手に後を追うことを悟られてはいけないという決まりがあり、「追跡」も同様、『尾行』と同じで後をつけていることを知られてはいけない場合に用います。

「追尾」と「追跡」の違い

「追尾」は王相手に対してバレてもよいのでしつこく相手を追いかける様であるため、バレること前提です。

逆に「追跡」は、バレることを前提としておらず、むしろバレては困るが故、こっそり後を追う様を意味します。

「追尾」の例文

・『追尾ミサイルが後を追う』
この例文は、後をしつこく追い回すミサイルが追いかけている様を意味します。

おそらく相手に当たるまでミサイルは後を追うとされます。

・『この自動車には追尾機能がある』
この例文は、自動車に後を追いかける機能が付与されており、かつその機能はかなりしつこく相手の後ろを負うという意味です。

これらは自動車メーカーによりますが、「追尾」「追跡」機能とします。

「追跡」の例文

・『追跡ミサイルだ』
この例文は、一応後を追いかけてくるミサイルであるがあまりしつこく追いかけてこないところを見ると回避が可能なミサイルであるとしています。

「追跡」はしつこくないため時にミサイルのようなものが追いかけるシステムに用いられることがあるのです。

・『あの車を追跡しろ』
この例文は、あの車という対象者をこっそり追えという意味です。

「追跡」はバレずに追いかける様ですのでこの文章ではバレずに追うように命令しているのです。

まとめ

「追尾」「追跡」の違いはしつこさが異なります。

「追尾」は延々と追いかけますが「追跡」は離れて追うかこっそりと追いかけますので両者の違いはしつこさです。

その為、ミサイルなどでは、「追尾」はしつこく追うミサイルで「追跡」は一応追いかけはするがあまりしつこく相手を追いかけないため、回避することができるミサイルであるなどどのくらいしつこいかを判断することができる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典