スポンサーリンク

「逞しく生きる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「逞しく生きる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、逞しく生きるの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

逞しく生きるとは?意味

逞しく生きるとは、困難にぶつかっても、辛いことがあったとしても挫折せず、前向きに生きる人の姿を現す言葉です。

「逞しい」という言葉には体力があり、意思の強さも含まれています。

そこに「生きる」と付け足すことで強い意思を持ち、勢いよく生きるという意味になるわけです。

精神的に挫折せず、何事にも屈しない強固な肉体を持つことも逞しく生きることにつながるわけです。

そして、豊かな発想と心を持つために普段から自分で学ぶ努力をし、問題を乗り越えられるような人間になることがこの逞しく生きるに込められた意味になります。

逞しく生きるの概要

何事にも動じず、突き進めるような人に対して使われる逞しく生きるは、からだを鍛えて風邪をひかないような逞しい身体に鍛え上げることが大切です。

身体が丈夫であれば、何事にも勢いよく走り出せます。

そんな自分になれば、簡単には挫けずに生きられる人間になる。

そういった人の生き方を言い表す言葉がこの逞しく生きるという言葉なのです。

逞しく生きるの言葉の使い方や使われ方

人が生きるうえで、さまざまな問題にぶつかりますが、その荒波を乗り越えては逞しく生きる人になることは大事なことです。

悲しいことも辛いこともある人生において、生きるということはときに挫折してしまうもの。

しかし、大人になれば、ひとりでその問題に立ち向かわなくてはなりません。

挫折してもすぐに立ち上がり、問題を解決するための策を考えて、乗り越えられるよう努力する人は逞しく生きられるのです。

「くじけずに生きる」とも言い表す言葉でもあり、己の意思を強く持って生き抜く。

そして、簡単にはくじけない自制心を持った人になり、いかなるときも懸命に生きると決意した人に当てはまる言葉です。

逞しく生きるを使った例文(使用例)

・逞しく生きるには己の心を強く持ち、立ち向かう意識を持つことが必要だ。

・子供のうちから逞しく生きるために強い精神力を養うための教育を受けさせよう。

・逞しく生きるには、辛いことや悲しいことなどさまざまな経験によって乗り越えられるようにする。

辛い人生でも生きぬくためには心を強く持つことが大切です。

そして、自分は立ち向かって行く、乗り越えて見せるという意識を持ちましょう。

子供のうちから強い精神力を養うために、ときに厳しく、ときに優しさのある接し方をしてみるのも役立つ教育となります。

また、辛いことも悲しいことも避けずに受け止めて、経験すれば逞しく生きられる人に成長するのです。

まとめ

ひとりで何でも乗り越えようと挑戦し、行動することで自制心を養い、自分の精神力も鍛え上げられます。

人は何事にも挑戦する精神を持つことが大事です。

無理かなと思う前にまずは挑戦し、前へ突き進みましょう。

そして、嫌だなと思うことも進んでやることで己の精神を強くし、ひとりでも逞しく生きられる大人になることが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典