スポンサーリンク

「過程重視」と「結果重視」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「過程重視」と「結果重視」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「過程重視」「結果重視」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「過程重視」とは?

過程重視とは、かていじゅうしという読み方をすべき言葉です。

漢字で表記されたこの言葉を目にすれば分かる事ですが、物事の生成や変化、発展しつつある様相や経過する一連の道筋といった意味の過程の漢字に、その事を重要だと考える事といった意味がある重視の漢字を加える事で成立している言葉となっています。

だからこそ過程重視は、結果だけでなくそこに至る過程も大事にする、という意味を持つ言葉です。

「過程重視」の使い方

過程重視は、結果のみを追求するのではなくそこまで到達する道筋も重要だという考え方を表す言葉として、使用されています。

ただし日常会話の中で頻繁に登場する言葉ではなく、比較的ビジネスシーンで見聞きする事が多い言葉です。

具体的にはその人の仕事の進め方を分類する際に、その1つのタイプとして過程重視というこの言葉が用いられていたりします。

「結果重視」とは?

結果重視とは、けっかじゅうしという読み方をする言葉です。

文字で書かれたこの言葉を見れば明らかな事ですが、ある行為や原因から生じた結末や状態といった意味を持っている結果の文字に、重要だと考えられる物事といった意味を有する重視の文字を組み合わせる事により誕生した言葉となっています。

そのため結果重視は、そこに至るであろうプロセスは度外視してとにかく結果だけを重視する、という意味を表すのです。

「結果重視」の使い方

結果重視は、過程や経緯は特に気にせず結果を残す事だけを重要視する、という意味合いで使われる言葉となっています。

特に仕事を進め方に関しての分類を行う際に、その分類の1種としてこの結果重視という言葉が登場する事が多いです。

逆に言えば日常の何気ない会話には登場し難い言葉なので、この言葉に馴染みがないという人は少なくりません。

「過程重視」と「結果重視」の違い

過程重視と結果重視は文字表記を見比べれば、即座に最初の2文字が過程と結果という明確な文字の違いがある事に気付くはずです。

ですがその後に続く言葉はどちらも重視という同じ言葉であり、更に共に仕事の進め方を分類する際に登場する事が多い言葉であるため、混同してしまう恐れはあります。

ただし過程重視は、結果だけでなくその途中であるプロセスも重要視する、という意味の言葉です。

一方の結果重視は、そこに至る過程は気にせずとにかく結果を出す事だけを大事にする、という意味を示します。

「過程重視」の例文

・『私は結果だけでなくプロセスも重要だと考えているので、過程重視タイプです』

「結果重視」の例文

・『彼はどんなやり方でも結果だけを追い求めているので、結果重視タイプだと思います』

まとめ

2つの言葉は共に、重視という同じ文字が用いられており、加えて仕事の進め方に関するタイプ分けの際に登場する事が多い言葉同士です。

とはいえ最初に付くのが、過程と結果という明確な違いがあるので、表す意味も違っています。

まず過程重視は、結果だけでなくそこに至る過程も重視する、という意味を表現する言葉です。

対する結果重視は、プロセスは気にせずにとにかく結果だけに拘る、という意味を表します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典