スポンサーリンク

「遠距離」と「長距離」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「遠距離」と「長距離」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「遠距離」「長距離」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「遠距離」とは?

距離の遠いことです。

距離とは、ある地点からある地点までの隔たりのことです。

自宅から会社までは離れています。

この離れている間のことを距離といいます。

遠いとは、隔たりが大きいことです。

つまり、「遠距離」とは、ある地点とある地点との隔たりが大きいという意味になります。

隔たりが大きいとは、具体的にどのくらいの距離なのか明確な定義はありません。

ある人は遠いと感じても、ある人にとってはそう感じない場合もあります。

日本の羽田空港からブラジルのサンパウロまでは、およそ1万8000kmの隔たりがあります。

正確には違いますが、日本の裏側はブラジルのあたりなので、これは距離が遠いといえるでしょう。

こんなにも離れていなくても、東京から埼玉の学校に通うことなどを「遠距離通学」ということがあります。

一般的な小中学生は、自宅近くの学校に通います。

それを考えると、都道府県をまたいでの通学は遠いといえるでしょう。

「遠距離」の使い方

隔たりが大きいことを指して使用をします。

具体的に何メートル、何キロメートルなどの定義はありません。

「遠距離~」の形で使われることがあります。

「長距離」とは?

距離の長いことです。

ある地点からある地点までの間が大きいことで、移動量が大きいことを指しています。

「長距離走」という陸上競技があります。

「長距離走」で走る長さは、5000メートル、10000メートル、42. 195キロメートルなどです。

小学校の場合だと、400メートル以上を「長距離走」ということがあります。

このように「長距離」が指す移動量はさまざまで、具体的に何メートルなのかは定義されていません。

しかし、陸上競技の短距離走は400メートルまでなので、「長距離」は400メートル以上だといえそうです。

「長距離」の使い方

移動量が大きいことを指して使用をします。

具体的に何メートルなのか定義はありません。

「長距離~」の形で使われることがあります。

「遠距離」と「長距離」の違い

どちらも、ある地点からある地点までの隔たりを意味しています。

違いは使い方です。

前者の言葉は、隔たりが大きいことを指して使用をします。

「遠いところから~」という意味で使うこともあります。

後者の言葉は、移動量が大きいことを指して使用をします。

「長い隔たりを~する」という意味で使うこともあります。

「遠距離」の例文

・『遠距離介護をしている』

・『遠距離監視を続けている』

・『遠距離を移動する』

・『遠距離だけれど彼との仲は続いている』

「長距離」の例文

・『長距離を重い荷物を持って移動する』

・『長距離ドライブを楽しむ』

・『長距離ランナーとして活躍している○○さん』

・『長距離を走れるように鍛える』

まとめ

「距離」という言葉が含まれていて、同じような意味を持っている2つの言葉ですが、使い方に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典