「適当」と「適切」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「適当」と「適切」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「適当」「適切」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「適当」とは?

「適当」には、3つの意味があります。

1つめは、ある条件や目的にあっていること、ふさわしいことです。

2つめは、程度がほどよいことです。

3つめは、いい加減なことです。

3つめの意味で使われる場合、主に態度に対して使用されてます。

「返事が適当」「適当に勉強する」などのような使い方です。

時間や計画に対しては使われることがなく、「時間に適当な人」だとはいいません。

この場合は、「時間にいい加減な人」とします。

「適切」とは?

「適切」には、状況や目的にぴったりとあっていること、ふさわしいことという意味があります。

「適切」は、状況、態度、方法などに関して使用されます。

「彼の態度は適切だった」「適切な言葉を選ぶ」のような使い方をします。

「適当」と「適切」の違い

「適当」には、ある条件や目的にあっていることという意味があり、この意味で使われる場合には「適切」とほぼ意味は同じです。

「適当」にはいい加減という意味もあり、この意味は「適切」には含まれていません。

まとめ

「適当」にはいくつかの意味があり、「適切」とほぼ同じ意味で使用することができます。

しかし、「適当」「適切」とは異なる意味も持っており、「適切」とは異なる使い方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典