「選択」と「選択肢」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「選択」と「選択肢」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「選択」「選択肢」の違いを分かりやすく説明していきます。

「選択」とは?

「選択(せんたく)」とは、「複数の物事(対象)の中から、より良いと思うものを選ぶこと」を意味している言葉です。

「選択」というのは、「選ぶことができる複数の対象・行為・項目がある場合に、自分がより適切であると思うほうを選ぶ行為そのもの」を意味しているのです。

例えば、「人生における重要な選択に迫られました」「選択することによって新たな局面が開けます」といった例文で使えます。

「選択肢」とは?

「選択肢(せんたくし)」とは、「試験(テスト)などにおいて、回答者がそのうちの一つの項目を選ぶようにあらかじめつくられているもの」を意味しています。

また「選択肢」には、「行動・条件などに対して、実質的に自分が選ぶことが可能な複数のケース」といった意味合いもあります。

例えば、「国語の試験の選択肢で回答を迷いました」「私に残されている選択肢は一つしかありませんでした」などの文章で使用されます。

「選択」と「選択肢」の違い!

「選択」「選択肢」の違いを、分かりやすく解説します。

「選択」「選択肢」「複数の対象(物事)の中から選ぶことに関連した言葉」として類似した言葉ですが、「選択」「複数のものの中からより良いと思う一つを選ぶ行為」を意味していて、「選択肢」「事前に用意されていて(条件として設定されていて)選ぶことができる項目・行為」を意味している違いがあります。

「選択肢」というのは「問題に対してそこから選んで答えることが想定されている複数の回答の例・実質的な条件によって選ぶことが可能なもの」を意味していて、「選択」のように「複数の対象(項目)の中から一つを選ぶ行為そのもの」を意味しているわけではない違いを指摘できます。

まとめ

「選択」「選択肢」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「選択」とは「複数の物事から、より良いと思うものを選ぶこと」を意味していて、「選択肢」「選ぶことが可能な項目」「問題に対してそこから選んで答えるように用意された二つ以上の答え」を意味している違いがあります。

「選択」「選択肢」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典