スポンサーリンク

「郊外店」と「ロードサイド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「郊外店」と「ロードサイド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「郊外店」「ロードサイド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「郊外店」とは?

「郊外」は、都市に隣接した地域、市街地周辺の田園地帯を指します。

「郊外」の特徴は、自然環境が豊か、車を利用しやすいといったことです。

「郊外店」は、都市に隣接した地域にある店を意味します。

人口が集中し、商業施設が集まる都市部からあえて離れた場所にある店のことを指しています。

「ロードサイト」とは?

「ロードサイド」は、通りに面していることを意味します。

「ロード」は道のこと、「サイド」はわきのことです。

「ロードサイド店」というと、幹線道路のような交通量が多い通りに面している店のことを指します。

乾癬道路では多くの車やバイクが通っており、車やバイクで来店することを想定しています。

特に郊外を通る幹線道路沿いにある店のことを指す場合もあります。

「郊外店」と「ロードサイド」の違い

「郊外店」とは、都市に隣接した地域にある店のことです。

通りに面していなくても郊外にあれば「郊外店」といいます。

「ロードサイド」は沿道のことで、沿道にある店のことは「ロードサイド店」といいます。

特に郊外の通りに面した立地にある店のことを指します。

まとめ

「郊外店」は郊外にある店のこと、「ロードサイド」は沿道のことで「ロードサイド店」は沿道にある店のことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典