スポンサーリンク

「都度実施」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「都度実施」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「都度実施」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「都度実施」とは?意味

物事が行われるごとに実際に行うという意味です。

都度には、物事が行われるたびごとにという意味があります。

物事が10回行われるとします。

1回目にはある事柄を実際に行ったけれど、2回目にはある事柄を実際には行わなかったというのは、都度が意味するものではありません。

10回あったら10回それぞれで実際に行うことを意味します。

実施には、計画などを実際に行うことという意味があります。

イベントの計画を立てたとします。

計画の段階では、実施が意味するものではありません。

会場を手配する、イベントの宣伝をするなど実際に活動をして、そして予定していた日に実際にイベントを開くことが、実施が意味するものです。

こういったことから「都度実施」とは、物事が行われるたびごとに実際に行うことという意味になります。

「都度実施」の概要

そのときそのとき毎回、何かが行われることを意味する言葉です。

何が行われるのかは意味に含まれていません。

たとえば、消毒をするという場合があります。

ある飲食店では、客が使った後には毎回席を消毒をしています。

客の人数は関係ありません。

4人掛けのテーブルを1人で使っている場合、テーブルの上に物を置かないスペースがいくらかできますが、それでもその部分も消毒をします。

注文した品数も関係ありません。

たとえコーヒー1杯であっても、客が席を利用した後には消毒をします。

忙しいからやらないということはありません。

さっき消毒したばかりだからやらないということもありません。

客が利用するごとに毎回行うのです。

このことは「消毒を都度実施する」ということができます。

客が利用をするごとに、消毒ということを実際に行っています。

この言葉は毎回という意味が含まれているので、たとえばAという席に客がやって来て使い、その後に消毒をした、またAの席に客がやって来て使ったけれど、その後には消毒をしなかったという場合のことではありません。

これは毎回ではないからです。

「都度実施」の言葉の使い方や使われ方

物事が行われるたびごとに実際に行うという意味で使用をします。

毎回である場合に使う言葉です。

あるときには行うけれど、あるときには行わないということには使用しません。

何を実施するのか意味に含まれておらず、さまざまな事柄についていうことができます。

「都度実施」の類語や言いかえ

「毎回実施」が似た意味を持つ言葉です。

毎回には、そのたびごとという意味があります。

5回あったら、5回すべてのことをいいます。

5回のうち、1回目と2回目はやったけれど、3回目、4回目、5回目はやらなかったというのは「毎回実施」が意味することではありません。

まとめ

そのときそのとき毎回行うことを意味する言葉です。

何を行うのかは意味に含まれておらず、検査、販売、選考など、さまざまな事柄をいいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典