「都心部」と「都市部」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「都心部」と「都市部」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「都心部」「都市部」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「都心部」とは?

「都心部」の意味と概要について紹介します。

「都心部」の意味

「都心部」「としんぶ」と読みます。

意味は「都会の中心部」「東京都の中心部」です。

「都心部」の概要

「都心部」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「都会の中心部」という意味で、ある地域で、政治や経済、文化などを担う機能が集中している「都(みやこ)」のことを言います。

銀行や市長区役所、大手企業やデパートなどが集まり、大勢の人達が移動する場所です。

2つ目は「東京都の中心部」という意味で、「都」「東京都」のことです。

特に地域が定められている訳ではありませんが、一般的に東京都の中心部と言えば「千代田区、中央区、港区」を表すことが多くなります。

因みに、新宿や渋谷などは「副都心」「新都心」などと呼ばれています。

「都市部」とは?

「都市部」の意味と概要について紹介します。

「都市部」の意味

「都市部」「としぶ」と読みます。

意味は「ある地域で、商業が発展していて人が密集している部分」です。

「都市部」の概要

「都市部」は、ある地域で、商業や文化、流通などが発展していて、大勢の人が密集している部分のことを言います。

基本的に鉄道のターミナル駅があり、商業施設や文化施設などが多く、その地域における経済的な中心地に対して使われます。

駅の周辺にはオフィスビルやホテルなどが建設され、地下街なども発達しています。

「都市部」は東京都に限らず、地方都市にも使われる言葉です。

「都心部」と「都市部」の違い!

「都心部」「都会の中心部」「東京都の中心部」です。

「都市部」「ある地域で、商業が発展していて人が密集している部分」です。

まとめ

今回は「都心部」「都市部」の違いをお伝えしました。

「都心部は都会の中でも中心部」「都市部はその地域で発展している部分」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典