スポンサーリンク

「酢」と「すし酢」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「酢」と「すし酢」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段よく使う調味料の中に「酢」があります。

酸味が特徴の「酢」ですが、ここでは「酢」「すし酢」について見ていきましょう。

この記事では、「酢」「すし酢」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「酢」とは?

「酢」とは、調味料に使う酸味のある透き通った液体を総称した言葉です。

糖を含んだ原料をアルコール発酵させ、さらに酢酸発酵させたものを「酢」と言います。

「酢」にはいろいろな種類があります。

「穀物酢」は、小麦やトウモロコシ、または米などの穀物を原料としていて、一般的に使われる代表的な「酢」です。

「米酢」は、米を原料とした「酢」で、「穀物酢」よりも、酸味がきつくありません。

「黒酢」は玄米などを原料にしていて、見た目が黒っぽいのが特徴です。

「リンゴ酢」は、リンゴの果汁が原料で、リンゴ特有の爽やかな味わいの「酢」です。

フルーツを使った「酢」は他にもあり、その代表的なものが、「バルサミコ酢」で、ぶどうが原料となっています。

「すし酢」とは?

「すし酢」とは、「酢」に砂糖と少量の塩を混ぜたもので、すし飯を作るために用いる「酢」です。

「すし酢」は砂糖が入っていることもあり、甘酸っぱい味が特徴です。

すし飯を作る時は、市販で売られている「すし酢」を使うと便利です。

ですが、無い場合も、基本は「すし酢」「酢」に砂糖と塩を混ぜ合わせるだけで作ることができます。

「酢」と「すし酢」の違い

「酢」「すし酢」の違いを、分かりやすく解説します。

「酢」は、酸味のある調味料で、糖が含まれている原料をアルコール発酵、そして酢酸発酵させたものです。

原料によって、「酢」の種類や味が変わります。

「すし酢」「酢」の一種で、「酢」に砂糖や塩を混ぜたもので、すし飯を作る時に使います。

まとめ

「酢」にはさまざまな種類があるので、料理によって使い分けると、より美味しい味を楽しむことが出来るでしょう。

また、「酢」は、酸味を利かせるだけではなく、隠し味として少量使うことで、料理の味を引き立たせることができます。

また、昔から「酢」は健康に良いと言われています。

血糖値の上昇を抑えたり、肥満対策、または腸内環境を整え、便通を改善するなどの効果が期待されています。

料理の味付けとして、塩味や甘味などの摂取が多すぎると、生活習慣病などのリスクが高まってしまいます。

そこで、塩味や甘味を控えると、味のしない料理になってしまうかもしれません。

そこで、塩味や甘味の量を減らし、代わりに「酢」を使うことで、味のある美味しい料理をいただくことができます。

「酢」は料理の調味料として使うだけではなく、「酢」を薄めて飲むことで、ダイエット効果などが期待できるようです。

自分でドリンクを作る場合は、「酢」は必ず7倍程度に薄めてから飲むようにしましょう。

そのまま飲んでしまうと、喉や胃を傷めてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

炭酸飲料で割ったり、ハチミツを入れると、さらに美味しくなります。

また、市販でもお酢のドリンクが販売されているので、それを活用するのも便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典