スポンサーリンク

「酷似」と「類似」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「酷似」と「類似」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「酷似」「類似」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「酷似」とは?

「酷似」は、「そっくり」とも言いかえることができ、非常によく似ていることを意味する言葉です。

比較するものは1つや2つだけではなく、複数のものでも可能で、それらが、同じに思えるほど、よく似ている状態を意味します。

ただし、「酷似」の場合、あくまでも、似ているものとなります。

そのため、実際には別物となり、状態や性質によって違う部分があります。

このような意味から類語には、「共通」「相似」「近似」が挙げられ、対義語には、「差異」が挙げられます。

「酷似」の使い方

非常に近い状態のものを示す際に用いられる「酷似」

「酷似している」「酷似した」「酷似する」などのような使い方が主な使い方となります。

「類似」とは?

似かようといった意味のある「類似」

お互いに共通する部分があることを意味する言葉です。

共通する部分は、どんな部分でもよく、その状態や状況、性質などにおいて、共通する部分がある場合「類似」ということになります。

このような意味から類語には、「共通」「相似」「近似」が挙げられ、対義語には、「差異」が挙げられます。

「類似」の使い方

共通する部分がある品物を意味する「類似品」、共通する部分がある点を意味する「類似点」、共通する部分がある犯罪を意味する「類似犯罪」、共通する部分がある行為を意味する「類似行為」といったような使い方がある「類似」

そのほか、「類似している」「類似する」などといった使い方もあります。

「酷似」と「類似」の違い

同じように、似ているもの、そっくりなもの、を意味する「酷似」「類似」

その似ている度合いを比較した場合、「類似」に比べ「酷似」の方が似ている点が多いことを意味しています。

どちらも、完全に同じものではないものの、より似ている点が多いものを示すのが「酷似」なのです。

そのため、似ている点の数や状況によって、「酷似」「類似」を使い分ける必要があります。

「酷似」の例文

・『家電選びを行う際、そのメーカのものも非常に酷似していて迷ってしまいました。』

・『これは、大きさも色も形も非常に酷似しています。』

・『酷似している点を挙げてみると、驚くほどの多さに驚きました。』

・『街で、自分に酷似している人を見かけ、本当に驚きました。』

「類似」の例文

・『海外では、類似品が出回っていると聞き、慎重に買い物を行いました。』

・『少しでも費用を節約したいため、類似商品を選び費用を抑えることにしました。』

・『近所で類似犯罪が多発していると聞き、戸締りなどの防犯対策を強化することにしました。』

・『類似点が多い論文に気づき、より詳しく読んでみることにしました。』

まとめ

以上が、「酷似」「類似」の違いです。

使い分けに迷った際は、「類似」よりも、より共通する部分が多いほうは「酷似」だということに注意することをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典