「鑑みて」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「鑑みて」とは?

ビジネスシーンで比較的たくさん登場する言葉として、「鑑みて」があります。

「鑑みて」「かんがみて」と読む、少し読み方が難しい言葉です。

すでに社会人として活躍されている人の多くは、「鑑みて」という言葉を日常的に使っているかもしれません。

一方で、見た事はあるけれど、意味までは分からないという人も多いでしょう。

また読み方すら知らなかったと言う人もいるかもしれません。

そこでビジネス用語として知っておきたい言葉、「鑑みて」の意味や使い方を紹介します。

「鑑みて」を使いこなせるようになると、ビジネスパーソンとして一人前かもしれません。

「鑑みて」の意味

「鑑みて」にはどのような意味があるでしょうか。

「鑑みて」「鑑」は、「図鑑」などにも使われる言葉で、「鑑(かがみ)」という読み方もできます。

「部長を社会人の『鑑』として、努力しよう」など、「お手本」という意味で「鑑」という言葉は使われます。

そのため、「鑑みて」にも、「お手本」と似たような意味が含まれています。

「鑑みて」いは「先例や規範に照らし合わせる」「すでにあるものを参考にして考える」という意味があります。

「鑑みて」の言葉の使い方

「鑑みて」という言葉をどのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

「鑑みて」は主にビジネスシーンで使う言葉で、「先例に照らし合わせて考える」という意味があります。

そこで、会社などのビジネスシーンで、お手本になるような事例や過去の実績を参考に、計画を立てたり、判断をする時に、「鑑みて」という言葉を使ってみましょう。

「鑑みて」という言葉を使う事で、誰かが主観的に判断してものではない事や、適当に決めた事ではないという事が、仕事関係者に伝わります。

特にビジネスシーンでは先例を重視する傾向がありますので、「鑑みて」という言葉を使い、先例をもとに判断している事をアピールすると、物事が円滑に進みやすいでしょう。

「鑑みて」を使った例文

「鑑みて」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「鑑みて」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「鑑みて」の例文1

「過去の売り上げ実績を『鑑みて』、今期の売り上げ計画を立てました」

この例文には、過去の売り上げを参考にして、売り上げ計画を立てるという意味があります。

どの程度売り上げられるのか、未来予測をする時に、過去の実績を参考にするのは基本的な考え方でしょう。

なぜこのような売り上げ計画を立てたのかと聞かれた時に、過去のデータを「鑑みた」という事は、説得力の強い理由になります。

「鑑みて」の例文2

「以前の失敗を『鑑みて』、次回はそうならないよう、対策を練りましょう」

先例を参考にするのは、成功体験だけではなく、失敗も同様です。

この例文のように、過去の失敗を「鑑みて」、対策を練るのは有効な方法ではないでしょうか。

つい失敗から目を背けてしまいがちですが、トライアンドエラーは仕事の仕方や商品をブラッシュアップするための基本的な考えです。

失敗を無かったものにするのではなく、底から学べるものを導き出す事が、成功を近づけるための王道なのかもしれません。

「鑑みて」の例文3

「先例を『鑑みて』思うのは、このままでは失敗する可能性が高いという事です」

この例文のように、先例を規範にして考えると、「失敗する」「無理そうだ」という事もあります。

先例を参考にして計画を推し進めるだけでなく、計画を再考する、中止する材料とするケースもあります。

計画がスタートしてから、方向転換するよりも、始める前に先例を参考に、本当に成功する計画かどうか吟味するのは大切な事です。

このようにビジネスシーンでは、ブレーキとして先例を「鑑みる」ケースも少なくありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典