「間もなく」と「もうすぐ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「間もなく」と「もうすぐ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「間もなく」「もうすぐ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「間もなく」とは?

「間もなく」とは、副詞で、ある事態の実現に、あまり時間がかからないことを意味しています。

「ほんの短い時間で」「すぐに」「ほどなく」といった言葉と同じ意味となります。

「彼は間もなくやってきます」と言えば「すぐにやってくる」という意味なのです。

「もうすぐ」とは?

「もうすぐ」とは、「もう」「直ぐ」という二つの言葉が合わさっている言葉です。

「もう」とは、時間や場所にある基準点を定めていて、それに「近づく」という意味を表します。

つまり「もう」「間もなく」は同義語となっています。

「直ぐ」は時間的に間を置かない、ただちにという意味ですから「もうすぐ」はあることに対して、時間がかからない、という意味合いになります。

「もうすぐ、始まる」「もうすぐ来る」「駅はもうすぐだ」などと使います。

「間もなく」と「もうすぐ」の違い!

「間もなく」「もうすぐ」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも、ある事態に対して、それほど時間がかからないという意味があり、同義語と言っても差し支えありません。

それでは違いは何か見ていくことにしましょう。

「間もなく」とはある出来事が実現することに「時間を要しない」という意味になります。

ほんの短い時間、すぐに、といった時に使います。

一方の「もうすぐ」は時間的なことだけでなく、「場所」に基準点を定め、近づくという意味でも使います。

例えば「学校」を基準点に定めたとして、たどり着くのにそれほど時間がかからない、距離的に近いといった時に「学校まで、もうすぐだ」「もうすぐ、学校が見えてくる」という風に使うのです。

まとめますと「間もなくはある事態の実現まで時間を要しない、すぐに、ほどなく」「もうすぐは、時間や場所に基準点を定めて、それに近づくという意味を表す」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「間もなく」「もうすぐ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この二つの言葉は同義語ですので、どちらを使ってもそれほど意味に違いはありません。

ですが言葉の意味を正しく理解して、よりふさわしい方を選び使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典