スポンサーリンク

「降車」と「下車」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「降車」と「下車」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「降車」「下車」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「降車」とは?

電車や自動車から降りることです。

乗り物には、電車、車、飛行機、船、気球、宇宙船、などさまざまなものがあります。

これらに乗ったらずっと乗りっぱなしということはなく、必ず降ります。

「降車」「車」という漢字を使用している通り、「車」と名前につく乗り物から降りることです。

つまり、電車と自動車のことです。

船や飛行機などから降りることではありません。

降りるとは、乗っていた乗り物から出ることです。

電車には入口があり、そこから中に入っていきます。

そして、目的地に着いたら中から外に向かいます。

こういった行動を「降車」といいます。

自動車も入口があります。

移動をするためには、中に入らなければならず、ドアを開けて入ります。

そして、目的地に着いたら出ます。

この行動を意味しています。

「降車」の使い方

乗物から出るという意味で使用します。

この言葉が指す乗り物は、電車と自動車です。

これ以外の乗り物から出ることではありません。

「下車」とは?

電車や自動車から降りることです。

船、飛行機、気球、宇宙船などさまざまな乗り物がありますが、この言葉は「車」とつく乗り物、つまり電車と自動車から降りることを意味しています。

それ以外の乗り物から降りることではありません。

自動車とは、車輪を回転させて、レールのないところを動く乗り物のことです。

この乗り物は、自家用車、タクシー、バス、パトカー、消防車など、用途によって呼び方が違います。

「降車」というときには、一般的にはタクシーやバスから降りることを意味しています。

移動手段として使うものについていいます。

また、駅の改札から出るという意味もあります。

出迎えなどで電車に乗らなくても改札内に入ることはありますが、駅の改札から出るときは、たいてい電車から降りています。

この意味でも電車から降りるという意味が含まれているのです。

「下車」の使い方

乗り物から出るという意味で使用をします。

この言葉が指す乗り物とは、電車と自動車です。

自動車については、主にタクシーやバスです。

それ以外の乗り物から出ることには使用しません。

「降車」と「下車」の違い

どちらの言葉も同じことを指しています。

しかし、後者の言葉は駅の改札から出るという意味もあり、もう一つの言葉にはこの意味がない点に違いがあります。

「降車」の例文

・『眠っていたら降車し損ねた』
・『ひとつ前の駅で降車する』
・『降車前に忘れ物がないか確認する』
・『ふざけながら降車しないでください』

「下車」の例文

・『下車する予定の駅を過ぎてしまった』
・『下車をしたら母が私を待っていた』
・『目的地の一つ手前の駅で下車する』
・『下車をしたら目の前に海が広がっていた』

まとめ

2つの言葉は同じことを意味しています。

同じように使うことが可能な言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典