「陰毛」と「腋毛」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「陰毛」と「腋毛」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「陰毛」「腋毛」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「陰毛」とは?

「陰毛(いんもう)」とは、「第二次性徴期(思春期)に副腎皮質ホルモンの分泌作用によって、陰部・生殖器(性器)の周辺に生えてくる縮れた毛」のことを意味しています。

「陰毛」は医学用語ですが、俗語としては「チン毛・マン毛・性毛(せいもう)」などがあります。

「陰毛」の生物学的な役割は確定されていませんが、「性的な視覚刺激・性器保護・性ホルモンの分泌・フェロモン拡散の名残」などの働きが想定されています。

「腋毛」とは?

「腋毛(わきげ)」とは、「第二次性徴期(思春期)に生体ホルモンの影響で、腋窩(えきか)・腋の下の生えてくる縮れた毛」のことを意味しています。

「腋毛」の生物学的な役割は明らかになっていませんが、「(ワキガ発生の仕組みと合わせて)フェロモン拡散・腋窩の摩擦を弱める・体温を保持する」などの機能が推測されています。

現代では先進国の若い女性を中心に、「腋毛」「無駄毛(美容的観点からできればないほうが良い毛)」と認識されることが多くなっていて、医療用レーザーや針などで「腋毛の永久脱毛」をする人が増えています。

「陰毛」と「腋毛」の違い!

「陰毛」「腋毛」の違いを、分かりやすく解説します。

「陰毛」「腋毛」もどちらも「第二次性徴期(思春期)にホルモンの作用で生えてくる縮れた毛」という点では共通していますが、生えてくる身体の部位(場所)に違いがあります。

「陰毛」というのは「生殖器(性器)・下腹部の周辺に生えてくる縮れ毛」のことを意味していますが、「腋毛」のほうは「腋窩(えきか)・腋の下の部分に生えてくる縮れ毛」のことを意味している基本的な違いがあるのです。

また現代の若い女性は「腋毛」を医療機関・エステで永久脱毛(レーザー・針などでの脱毛)する習慣が根付いてきていますが、「陰毛」のほうは欧米の一部で脱毛が増えているとされますが、まだほとんどの国・地域では脱毛の習慣がない違いも指摘できます。

まとめ

「陰毛」「腋毛」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「陰毛」とは「第二次性徴期に生体ホルモンの作用によって、生殖器・性器の周辺に生えてくる縮れ毛」を意味していて、「腋毛」「第二次性徴期に生体ホルモンの影響で、腋窩(えきか、腋の下)に生えてくる縮れ毛」を意味している違いがあります。

「陰毛」「腋毛」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典