スポンサーリンク

「集団面接」と「個人面接」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「集団面接」と「個人面接」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「集団面接」「個人面接」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「集団面接」とは?

「集団面接」とは、何人かが集まって行う面接のことです。

「面接」とは、人と人とが直接にあうことで、特に入学や入社などを志望するもの、対象者と直接会って、話を聞き出すことをいいます。

何人で行うのか定義はなく、企業や学校によって人数が異なります。

企業の「集団面接」では、マナーが見られていることが少なくありません。

複数人がいると、他の人と比べられてしまい、身だしなみが乱れていると目につきます。

相手に不快感を与えない服装であることが大切です。

また、複数人がいると言葉遣いも他の人と比べられてしまい、タメ口を使っていると目立ちます。

「集団面接」では、まず会場についたら挨拶をして、受付を済ませます。

面接の順番がくるまで待ち、順番がきたら入室をします。

先頭の人はドアをノックして入出し、最後の人はドアを閉めます。

面接が終わったら椅子の横に立ち一礼をし、部屋から出ていきます。

「集団面接」の使い方

会社に入りたい人や学校に入りたい人、何人かと同時に直接会って、話を聞き出して、合否の判断をするために行われるものを指して使用します。

何人で行われるかは企業や学校などによって異なりますが、3~5人程度が一般的です。

「個人面接」とは?

「個人面接」とは、一人と行う面接のことです。

入社や入学などを希望するものが一人で、試験官は複数人のことがあります。

対象者が一人という意味です。

「個人面接」でも、マナーが見られています。

不快感を与えない身だしなみをし、丁寧な言葉遣いをすることが大切です。

「個人面接」では、まず会場に到着したら、挨拶をして受付を済ませます。

面接の順番がくるまで待ち、順番がきたらドアをノックして入出をし、ドアを静かに閉めます。

面接が終わったら椅子の横に立って一礼をし、部屋から出ていきます。

「個人面接」の使い方

対象者が一人の面接のことを指して使用をします。

「集団面接」と「個人面接」の違い

どちらも、直接人と会って話を聞き出すことなのですが、何人で行うのかという点に違いがあります。

「集団面接」は複数人で行うものです。

何人かの定義はありませんが、3~5人程度が一般的です。

10人、20人となると、それぞれの人の判断が難しくなってしまうため、10人以上で行われることは少ないです。

「個人面接」は対象者が一人のものです。

面接の流れは「集団面接」でも「個人面接」でも大きな違いはありません。

「集団面接」の例文

・『集団面接の準備をする』
・『集団面接に出かける前に持ち物を確認する』
・『明後日に集団面接がある』
・『集団面接で周りの人のことが気になった』

「個人面接」の例文

・『個人面接があり緊張する』
・『個人面接に出かけるときに忘れ物がないか確認する』
・『個人面接の前に身だしなみを確認する』
・『個人面接の練習をする』

まとめ

どちらも面接のことですが、複数人で行うのか、一人で行うのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典