「雇われ店長」と「オーナー店長」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「雇われ店長」と「オーナー店長」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「雇われ店長」「オーナー店長」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「雇われ店長」とは?

「雇われ店長」の意味と概要について紹介します。

「雇われ店長」の意味

「雇われ店長」「やとわれてんちょう」と読みます。

意味は、「その店舗の所有者であるオーナーから雇われ、店長として店舗経営だけをまかされる職務のこと」です。

「雇われ店長」の概要

「雇われ店長」は、店舗の所有権を持っているオーナーに雇われて、「店長」という役割を与えられ、店舗を経営する仕事のことを言います。

人事権や経営方針などは全てオーナーの決定に従わなければならず、販売する商品や販売方法などは、全てオーナーからの指示によります。

「雇われ店長」は、客層や売れ筋に合わせて売り上げを分析して、オーナーに提案できます。

最終的な経営責任は、本社やオーナーにかかってくるので、プレッシャーが少ないというメリットがあります。

「オーナー店長」とは?

「オーナー店長」の意味と概要について紹介します。

「オーナー店長」の意味

「オーナー店長」とは、「店舗の所有者であるオーナーが自ら店長として経営や管理に携わること」です。

「オーナー店長」の概要

「オーナー店長」は、店舗の所有権を持っているオーナーが自ら店長になり、経営や管理など全てに携わることを言います。

経営方針やノウハウなどは本部から指導されますが、契約上は独立した店舗の「経営者」です。

「オーナー店長」には、店舗のスタッフの人事権や、経営に関する決定権などが与えられています。

経営責任は大きいのですが、自分の理想通りの店にできるというメリットがあります。

「雇われ店長」と「オーナー店長」の違い!

「雇われ店長」「オーナーに雇われる従業員の店長のこと」です。

「オーナー店長」「経営者がそのまま店長になること」です。

まとめ

今回は「雇われ店長」「オーナー店長」の違いをお伝えしました。

「雇われ店長は従業員の一人」「オーナー店長は経営者」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典