スポンサーリンク

「雰囲気イケメン」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「雰囲気イケメン」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「雰囲気イケメン」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「雰囲気イケメン」とは?意味

「雰囲気イケメン」は、オシャレや言動が格好いい男性のことです。

見た感じオシャレでであることが最低条件で、そこにプラスする形で言動も格好良ければポイントが高い、「雰囲気イケメン」になります。

ただ、この言葉、オシャレであるか、言動が格好いい男性であるかがポイントになりますが、言動については別にオプションという形で当てはまればよいとしていますので言動については絶対ではないです。

あくまで、オシャレであれば、「雰囲気イケメン」の定義をクリアします。

「雰囲気イケメン」の概要

「雰囲気イケメン」は、男性の新しい在り方を意味しており、女性に対して優しい男性のことを意味します。

よって定義の第一条件はまず、オシャレであることを抑えたうえで、オプションという形で言動が加わり、この部分が優しい男性だという定義へと変わりました。

何故定義が川って言っているかですが、これは女性側が男性に求めるものが増えすぎたが故、「雰囲気イケメン」は、オシャレであればよいという定義にプラスする形で大量にオプションが付属したのです。

例えば、言動、清潔感、人間性に女心を理解しアドバイスするなどカウンセラーのような意味合いまでを持たせたのが、「雰囲気イケメン」です。

「雰囲気イケメン」の言葉の使い方や使われ方

「雰囲気イケメン」という言葉は、見てくれが良い男性であるという意味で使用されていたのですが、2020年ごろから見た目が良くオシャレで格好いいという女性の理想を指すような男性へと意味が変わりました。

「雰囲気イケメン」を使った例文

・『雰囲気イケメンは、最低ラインがオシャレであることが最低ライン』
これは、「雰囲気イケメン」という言葉には、実はランクがあり最低ランクが、オシャレであるということです。

オシャレの次に顔だったり、言動が入るのでまず最低ラインは、オシャレであることが「雰囲気イケメン」の最低ラインです。

まとめ

「雰囲気イケメン」という言葉は、元々は、オシャレで魅力的な男性という意味だったのですが、2020年ごろからか、男性のランク付けをする言葉になっており、もはや雰囲気という面影はなく、断言してイケメンでありかつ人格者であると提言するほど良い男性のことを指しています。

まず、容姿がオシャレでイケメンであること、そこに言動だったりカウンセラーのようなことを行う男性が女性の理想であるが故これはもはや、雰囲気ではなく、断言して、イケメンです。

よって、「雰囲気イケメン」は、雰囲気ではなく、完全にイケメンなので男性からすれば、完璧な超人のような男性を女性陣は欲しているのですからあまり良い気分ではないでしょう。

なお、「雰囲気イケメン」の類語に「雰囲気美女」というのがあるのですが、これは単に美人に見えればよいだけですので、「雰囲気イケメン」のように性格までの完璧さは求められていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典