スポンサーリンク

「霊媒師」と「占い師」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「霊媒師」と「占い師」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「霊媒師」「占い師」をうさん臭く思っている方もいることでしょう。

この記事では、「霊媒師」「占い師」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「霊媒師」とは?

「霊媒師」は、神霊や死者の魂と人間との間の仲介をして、意思疎通を行う人を意味します。

巫女や市子などが「霊媒師」にあたります。

巫女は、神前に奉仕をして、神楽を奉納する若い女性のことです。

市子は、神霊や死者の魂を呪術によって引き寄せて、その意志を伝えるもののことです。

「霊」という漢字には、神のみたま、死者の魂という意味があり、「媒」という漢字には、なかだち、関係をとりもつという意味があります。

「師」は、専門的な技術を持った人、教え導く人という意味があるので、「霊媒師」は神霊や死者の魂の仲立ちをする専門的な人を意味します。

「占い師」とは?

「占い師」は、占いを仕事とする者を意味します。

易者、八卦見ともいいます。

占いとは、人の運勢や物事の吉凶を判断・予言することです。

タロット占い、ホロスコープ、手相など、さまざまな占い方法があります。

「霊媒師」と「占い師」の違い

「霊媒師」は、神のみたま、死者の魂などの仲立ちをして、意中を伝える人のことです。

「占い師」は、人の運勢や物事の吉凶を判断・予言する人のことです。

神のみたまや死者の魂の仲立ちは行っていません。

まとめ

「霊媒者」「占い師」も見えない世界のことを行っている人ですが、行っていることはそれぞれ異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典