「霊能力」と「霊格」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「霊能力」と「霊格」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「霊能力」「霊格」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「霊能力」とは?

「霊能力」には、霊的世界や霊的存在と交信する力という意味があります。

「霊」とは、万物に宿るたましい、死者のたましいのことや、人知では計り知れない物事のことです。

「能力」は、物事を成し遂げる力を意味します。

つまり、「霊能力」は死者のたましいや人知では計り知れないもの事と交流する力という意味があります。

そういった力を持つ人のことを「霊能者」と呼びます。

「霊格」とは?

「霊格」とは、霊の格式のことです。

「霊格」が意味する「霊」とは、たましいのことです。

生きている人の魂のことも、死者の魂のことも意味しています。

「格」には、地位、等級という意味があります。

つまり、「霊格」は魂のレベルのことです。

「霊能力」と「霊格」の違い

「霊能力」「霊格」の違いを、分かりやすく解説します。

「霊能力」は能力、つまり物事を成し遂げる力のことを指しています。

この場合は霊に関する物事を成し遂げる力のことで、「霊能力」は霊的世界や霊的存在と交信する力を意味します。

「霊格」は魂のくらいのことです。

くらいは能力と関係ありません。

まとめ

「霊能力」「霊格」は、どちらも「霊」に関する言葉ですが意味は異なります。

「霊能力」は力に関して、「霊格」はレベルに関しての言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典