スポンサーリンク

「青リンゴ」と「赤リンゴ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「青リンゴ」と「赤リンゴ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「青リンゴ」「赤リンゴ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「青リンゴ」とは?

「青リンゴ」は、リンゴが未熟で果皮が青い状態で収穫したもの、または熟しても果皮が青い状態のリンゴのことです。

「青リンゴ」と呼ばれる品種には、王林、きおう、シナノゴールド、金星、星の金貨、トキなどがあります。

中でも、王林は青リンゴの女王と呼ばれています。

母親をゴールデンデリシャス、父親を印度とする品種です。

果皮は黄緑色、果肉は緻密、酸味はほとんどなく、甘味と独特の香りがあります。

「赤リンゴ」とは?

「赤リンゴ」は、果皮が赤くなるリンゴのことです。

「赤リンゴ」と呼ばれる品種には、つがる、早生ふじ、シナノスイート、ジョナゴールド、ふじ、サンふじ、紅玉、睦奥などがあります。

リンゴの収穫時期は、8月末から11月ころまでですが、一年を通してリンゴが流通しているのは、貯蔵性に優れたふじがあるからです。

CA貯蔵という方法で保存することにより、一年中流通されることができています。

「青リンゴ」と「赤リンゴ」の違い

「青リンゴ」「赤リンゴ」の違いは果皮の色です。

「青リンゴ」は果皮が青いリンゴ、「赤リンゴ」は果皮が赤いリンゴのことです。

さまざまな品種があります。

まとめ

2つの違いは果皮の色です。

「青リンゴ」にも「赤リンゴ」にも、さまざまな品種があり、それぞれ味や香りなどの特徴が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典