スポンサーリンク

「静める」と「鎮める」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「静める」と「鎮める」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「静める」「鎮める」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「静める」とは?

「静める」とは、物音や声を小さくすること、静かにすることです。

また、勢いをそぐことも意味します。

「静」という漢字には、じっとして動かない、ひっそりとした、音がしないという意味があります。

「静寂」「閑静」という言葉がありますが、これらは声や音が聞こえず、ひっそりしていることを意味しています。

このことからも「静める」は、主に音に関して使われる言葉ということがわかります。

「鎮める」とは?

「鎮める」にはいくつかの意味があるのですが、主に4つの意味で使われています。

1つめは、勢いをそぐことです。

「火事を鎮める」のような使い方をします。

2つめは、騒動や混乱をおさえることです。

「乱闘騒ぎを鎮める」のような使い方をします。

3つめは、体の痛みや症状をおさえることです。

「炎症を鎮める」のような使い方をします。

4つめは、死者の魂を落ち着かせること、神霊を安置することです。

「御霊を鎮める」のような使い方をします。

「静める」と「鎮める」の違い

「静める」は、音を小さくすること、音を抑えることに主に使われる言葉です。

「静める」は、勢いを抑える、痛みを抑えるなどに使われる言葉です。

まとめ

「静める」は主に音、それ以外のことは「鎮める」が使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典