スポンサーリンク

「静謐」と「静寂」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「静謐」と「静寂」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

わびしさを伝える表現は、いくつかあります。

この記事では、「静謐」「静寂」の違いを分かりやすく説明していきます。

色々な熟語を知って、言葉の奥深さをかみしめていきましょう。

スポンサーリンク

「静謐」とは?

静謐(せいひつ)とは、平和で穏やかなこと。

リラックスしていて、非常に落ち着いている様子をあらわしています。

静謐は「静か」「謐らか」が組み合わさった熟語です。

どちらも言葉の印象から感じ取れる通り、安らかでひっそりとした意味があります。

ちなみに日常ではあまり目にしない「謐」は訓読みすると「しずか」と読みます。

その名の通り、物音が聴こえないくらい静まり返った様子をあらわす言葉です。

使い方としては「争いがおさまり、村には静謐な時間が戻ってきた」「静謐な佇まいのマンションだった」そして「ラグジュアリーなラウンジには、静謐な空気が漂っている」などがあります。

身も心も解放されるひとときが静謐です。

「静寂」とは?

静寂(せいじゃく)とは、物音がしないくらい静かなこと。

人の気配が感じられないくらい、シーンとしている状態です。

静寂は「静か」「寂しい」がくっついた言葉です。

「寂しい」は心の不満足さを伝える言葉ですが同時に「ひっそりしている」という訳もあります。

コトリとも音がしないような、張りつめた空気をあらわすのが静寂。

物音がほとんどしない、静まり返った様子を伝えています。

静寂を使った文には「息をのむパフォーマンスに、会場は静寂に包まれた」「静寂を打ち破るように、けたたましくサイレンが鳴った」などがあります。

大きな音が聴こえない、ひっそりした静けさが「静寂」です。

「静謐」と「静寂」の違い

どちらも静かな空間をあらわす表現です。

「静謐」「静寂」の違いを、分かりやすく解説します。

・平和の意味もある「静謐」
「静謐」「静寂」はどちらも「静かなありさま」を伝える言葉です。

そのため、どちらも同じように使い回すことができます。

一方で「静謐」には「静寂」には無い意味もあります。

静謐には「揉め事が起こらず、世の中が落ちついている」という訳があるからです。

平穏無事そして天下泰平の意味もあるのが「静謐」

天下泰平とは、心配ごとのない元気な世の中のこと。

人々が落ちついていて明るい時間が流れているという、非常にポジティブな言葉です。

物音がしないという意味の「静寂」に比べて、とても尺のある言葉です。

平和と静けさが静謐。

静けさのみが静寂です。

まとめ

「静謐」「静寂」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらもシーンとして、静まり返っていること。

大きな音が聞こえず、ひっそりして静かな様子を伝えています。

これに加えて「静謐」は世の中が乱れず、のんびりしているという意味もあります。

似たように見える表現ですが、言葉の含みは少しだけ異なっています。

正しい間違いを知って、文章力に磨きをかけていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典