スポンサーリンク

「面罵」と「罵倒」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「面罵」と「罵倒」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

悪口に関する表現は、いくつかあります。

この記事では、「面罵」「罵倒」の違いを分かりやすく説明していきます。

シーンに合う言葉を、選んでいきましょう。

スポンサーリンク

「面罵」とは?

面罵(めんば)とは、面と向かって罵声を浴びせること。

攻撃的な言葉を用いて、相手をやっつけることです。

怒り狂って、ののしるときに用いる表現です。

面罵は「面と向かって、悪口を言う」こと。

面は「顔」という意味もありますが、メンツという訳もあります。

メンツとは、その人のプライドのこと。

つまり相手のメンツやプライドが潰れてしまうような、激しい行いをすることが「面罵」になります。

人前で怒られてしまい、面目が丸つぶれになってしまう状況を「面罵される」といいます。

面罵はパワハラや誹謗中傷を受けた場合にも用いられます。

「あってはならないミスだと、社長が部下を面罵した」そして「スタッフの不手際について、入居者の家族から面罵を受けた」などがその一例です。

直接文句を言うことが「面罵」です。

「罵倒」とは?

罵倒(ばとう)とは、荒々しい言葉でののしること。

汚い言葉を並べて、相手をこき下ろすことです。

攻撃的な手をつかって、悪口を言うのが「罵倒」です。

罵倒には「悪口を言って、相手を倒す」という意味があります。

どうにかこうにかして、憎いと思っている相手をやっつけようとするのが罵倒です。

蹴る、殴るなどの暴力には走らないものの「言葉の暴力」で打ち負かそうとするのが罵倒になります。

「暴言を吐く」と同じようなニュアンスがあるので、賞賛されるようなシーンでは用いられない表現です。

罵倒はパワハラやモラハラなどを受けた時に使います。

具体的には「部下を罵倒し続けた上司は、パワハラが認められ懲戒処分となった」そして「あいつぐ罵倒や叱責によって、心身に不調があらわれた」などがあります。

つらい言葉の攻撃が「罵倒」です。

「面罵」と「罵倒」の違い

どちらも「ののしる」という共通の意味があります。

「面罵」「罵倒」の違いを、分かりやすく解説します。

・より強いのは「罵倒」
「面罵」「罵倒」はどちらも腹を立てる、怒るという意味合いがあります。

感情的になって、相手をののしることです。

使い分けが難しいのですが「面罵」と比べて、より攻撃的なのが「罵倒」

「罵倒」には相手を引きずり下ろす、こけ下ろすという悪い訳もあるからです。

「面罵」も決していい言葉ではありませんが、反抗期のお子さんが親をなじるとき、顧客が企業に物申すときにも使われます。

「面罵」は相手の目の前で、大声で騒いで文句を言うこと。

「罵倒」は汚い言葉で相手をののしり、引きずり下ろそうとすることです。

まとめ

「面罵」「罵倒」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも声高に文句を言う、叱るという意味があります。

「面罵」は面と向かってののしること。

そして「罵倒」は荒々しい言葉で誹謗中傷をまくし立てることです。

世の中には強い劣等感から、感情をむき出しにする人もいます。

ネガティブな感情に引きずられることのないように、いつでも冷静でいたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典