「領袖」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「領袖」とは?

「領袖」という言葉を知っているでしょうか。

「組織の領袖」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「領袖」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「領袖」という言葉の意味を紹介します。

「領袖」の読み方

「領袖」「りょうしゅう」と読みます。

少し読み方が難しい言葉のため、初見で正しく読むのは難しいかもしれません。

これを機会に、「領袖」「りょうしゅう」と読みましょう。

「領袖」の意味

「領袖」という言葉の意味を紹介します。

「領袖」には、「えりとそで」という意味があります。

えりとそでは、服の中でも目立つ部分のため、「人を率いてその長となる人物」という意味があります。

また「ある集団の中の主となる人物」という意味があります。

このように、「領袖」には、「えりとそで」という意味があり、転じて、「人を率いてその長となる人物」「ある集団の中の主となる人物」という意味があります。

「領袖」を使った例文や短文など

続いて「領袖」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「領袖」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「領袖」を使った例文1

「この街で暮らすためには、『領袖』の許しを得なければいけない」

この例文は、どこかの街に移住する時は、その街の中心人物に会い、街で暮らしていいかどうか、許しを得ないといけないという意味があります。

地方の街にはこのような、「領袖」的な人がいて、許しを得ないと暮らしにくくなることがあります。

「領袖」を使った例文2

「彼は若いが、カリスマ性があり、将来、組織の『領袖』になるだろう」

この例文に登場する男性は、カリスマ性があり、リーダーの器を持っているのでしょう。

そのため将来的には集団のトップになれるだろうと期待されています。

このように、ある集団の長となる人を「領袖」と言います。

「領袖」の類語や類義語・言い換え

「領袖」の類語や類似表現を紹介します。

「領袖」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「トップ」

「トップ」には「順番の最初」という意味があります。

「トップバッター」は順番が最初の打者になります。

また「あるまとまりの、最上層や、そこにいる人」という意味があります。

「日本のトップ」などという使い方をします。

「長」【おさ】

「長」には「多くの人の上に立ち、統率する人」という意味があります。

「一族の長」は、ある一族を統率する人という意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典