スポンサーリンク

「頻度」と「周期」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「頻度」と「周期」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「頻度」「周期」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「頻度」とは?

「頻度」とは、しばしば繰り返される行動や現象が、どの程度の期間や間隔を置いて行われるか、という度合いを意味する言葉です。

頻繁さの程度や、個人の行動から自然現象に至るまで様々な事柄の繰り返し起こる度合いを表現する言葉と言えます。

『最近は外食の頻度が増えていて、食費が嵩んでいる』のように使われます。

また数学的には、ある事柄が連続して起きている時、一定の時間内に起きるその回数を「頻度」と定義されており、単位は回/時、回/分、回/秒など回数/時間単位で表現するとされています。

「周期」とは?

「周期」とは、循環して起こる現象や動作が、ひと回りして前と同じ状態になるまでの時間・期間を指す言葉です。

『地球が太陽の周囲を廻る公転周期はおおよそ1年です』のように使われます。

また数学では、ある事柄が連続して起きているとき、その事柄の開始時から次の事柄の開始時までの間隔を「周期」と定義されており、単位は時間、分、秒、など時間軸を示す単位で表現するとされています。

「頻度」と「周期」の違い

「頻度」「周期」の違いや、その関係性については、数学の定義がそのイメージをはっきりと表していると思います。

数学の定義では、ある事柄が連続して起きている時、一定の時間内に起きるその回数が「頻度」であり、単位は回/時、回/分、回/秒など回数/時間単位です。

それに対して、ある事柄が連続して起きているとき、その事柄の開始時から次の事柄の開始時までの間隔を「周期」と定義されており、単位は時間、分、秒、など時間軸を示す単位で示すとなっています。

すなわち、「頻度」「周期」は、もちろん意味は違いますが、裏表の関係性があり、相互に変換が可能であると言えるのです。

その典型的な例として、交流電気や電波の波を考えてみたいと思います。

例えば、コンセントの交流電源は、商用電源とも呼ばれ、一般的に50Hzか60Hzである事は多くの方が知られていると思います。

簡便の為に50Hzで以降を説明したいと思います。

ヘルツ(Hz)は物理学で周波数の単位で、1Hzは1秒に1回の「頻度」で繰り返される事を意味します。

従って商用電源の50Hz=50回/秒の「頻度」で繰り返される波を持った電気だと言う事なのです。

「周期」「頻度」間隔の関係は、式では以下の様に示されます。

周期(秒) = 1 / 頻度(Hz)

頻度(Hz) = 1 / 周期(秒)

従って商用電源の50Hzの波は0. 02(秒)の「周期」で波が繰り返される交流電気と言えるのです。

まとめ

ある事柄が連続して起きている時、一定の時間内に起きるその回数が「頻度」であり、単位は回/時、回/分、回/秒など回数/時間単位で示されます。

それに対して、ある事柄が連続して起きている時、その事柄の開始時から次の事柄の開始時までの間隔が「周期」であり、単位は時間、分、秒、など時間軸を示す単位で示されます。

2つの言葉は、もちろん意味の違い言葉ですが、裏表の関係性があり、相互に変換が可能です。

その「周期」「頻度」間隔の関係式は、以下の様になります。

周期(秒) = 1 / 頻度(Hz)

頻度(Hz) = 1 / 周期(秒)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典