スポンサーリンク

「顔馴染み」と「顔見知り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「顔馴染み」と「顔見知り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「顔馴染み」「顔見知り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「顔馴染み」とは?

「顔馴染み」はいつも顔を合わせる人物のことを意味し、名前は知らないがいつも会う間柄の人物のことです。

「馴染み」という部分が注目点で、「馴染む」という文面が定着している間柄であるとします。

「顔馴染み」の使い方

「顔馴染み」は対象者を見知っていていつも顔を合わせる人物に用います。

その為、顔を知ってはいるがあまり頻繁に顔を合わせないのであれば「顔馴染み」は用いません。

「顔見知り」とは?

「顔見知り」は、対象となる人物の顔を知っているが頻繁に会う間柄ではないことです。

その為、「顔見知り」はたまたま会う間柄やイベントに参加した場合にのみあう間柄に用います。

「顔見知り」の使い方

「顔見知り」はたまたま、会う間柄に用います。

例えば、イベント会場だったりスーパーだったりと顔を知っているがたまたま会う間柄である人物に対して用いるのが正しい「顔見知り」の使い方です。

「顔馴染み」と「顔見知り」の違い

「顔馴染み」「顔見知り」はお互い顔しか知らない間柄であるという共通点があります。

しかし、「顔馴染み」はよく会う間柄の人物に対して使用する言葉で、あまり頻繁に会わない人物は「顔見知り」になるので、両者の違いはよく会う顔しか知らない人物であるかどうかです。

「顔馴染み」の例文 ※例文は箇条書き

・『あのお客さんは顔馴染みのお客さんだよ』

この例文は、対象となるお客さんがよく頻繁に訪れているお客さんであると述べている文章です。

「馴染み」とすることですでに何度も訪れている人物であると印象付けています。

・『あのカレーライスを食べているお客さんは顔馴染みの○○さんだよ』

実は、「顔馴染み」は名前くらいを知っている場合でも「顔馴染み」という言葉を使用できます。

この例文がまさに○○という名前を知っていることで成立している文章で、この場合、○○という人物の名前程度を知っているという意味になるのです。

あくまで名前を知っている程度ですので、○○さんのすべてを知るわけではないです。

「顔見知り」の例文

・『これは顔見知りの犯行だ』

この例文は、頻繁に会わない対象者が犯行を犯して犯罪行為をしたという例文です。

「顔見知り」とすることであまり頻繁に会わない人物の犯行であるとしています。

「顔馴染み」の犯行だとしないのは、顔を知りよく訪れる人物というのは犯罪行為を犯すリスクが高くなりすぎるため、あまり「顔馴染み」と言われる対象者が犯罪行為を犯すのは稀であるからです。

・『あの人は、多分顔見知りの客だと思う』

この例文は、対象となる人物の印象が薄いのか、よく頻繁に来ているお客であるかどうかの判断が分からないという例文です。

頻繁に来てくれているお客かどうか曖昧な場合、「顔見知り」を用います。

まとめ

「顔馴染み」「顔見知り」の違いですが、よくお会いする顔ではあるが知らない間柄を「顔馴染み」とし、「顔見知り」は顔を知っているがあまり会わない人物とするため、違いはよく会うか会わないかです。

その上で、「顔見知り」を用いれば、よくお会いするかどうか印象が薄い対象に対しては「顔見知り」とすることであったことはあるとできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典