スポンサーリンク

「飛躍」と「活躍」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「飛躍」と「活躍」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「飛躍」「活躍」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「飛躍」とは?

「飛躍」には、単に飛び上がることを意味する以外に、大きく発展し活躍すること、急速に進歩・向上すること、順序や段階を踏まずに急に飛び離れたところに移ること、といった意味があります。

このように「飛躍」には、大きく活躍する、急速に向上する、といった意味があります。

「飛躍」の類語には、「躍進」「発展」「進歩」「ジャンプアップ」「跳ね上がる」などがあり、英語では「Leap」です。

「飛躍」の使い方

「飛躍」は、「飛躍する」をはじめ、「飛躍を遂げる」「飛躍を祈る」「飛躍したい」「飛躍させる」などといった表現方法ほか、「飛躍的」「更なる飛躍」「飛躍の年」、などといった言葉もあります。

「活躍」とは?

「活躍」には、勢いよく躍りはねることといった意味のほか、めざましく活動するといった意味があります。

精力的に活動することを意味し、それらの行動、活動によって成果を上げることを「活躍」と言います。

「活躍」の類語には、「健闘」「健闘ぶり」「大健闘」「大奮闘」「見事な」などがあり、英語では「active」です。

「活躍」の使い方

「活躍」は、「活躍する」をはじめ、「活躍できる」「活躍を祈る」「活躍を応援する」などといった表現方法のほか、「女性の活躍」「活躍の場」「めざましい活躍ぶり」などといった言葉もあります。

「飛躍」と「活躍」の違い

人がめざましく成長する、大きく成長する、成果を出す、といった意味で同じ意味を持つ「飛躍」「活躍」

この関係には、「飛躍」の方が「活躍」よりもレベルが高いというものになります。

どちらも素晴らしく立派な行動、活動を意味する言葉ですが、「飛躍」の方がより大きく立派で素晴らしいといった意味があります。

また、「飛躍」の方は、人の活躍を祈る際に用いられることが多いといった特徴もあります。

「飛躍」の例文

・『今年は、私にとって飛躍の年にしたいと思っています。どうか見守っていてください』

・『彼の飛躍的な成長には驚かされました』

・『息子の更なる飛躍を願い、語学留学に旅立させることにしました』

・『飛躍したいと口で言うだけでは簡単です。飛躍するためには、人並み以上の努力が必要です』

「活躍」の例文

・『あなたなら、新しい部署でも活躍されることと思います』

・『私にも活躍できる場所などあるのだろうか』

・『今回の試合では、全く活躍することができなかった』

・『社会人になった彼のめざましい活躍ぶりには、本当に驚かされています』

まとめ

以上が「飛躍」「活躍」の関係性です。

「活躍」よりも、より大きな成長、成果を出した場合は、「飛躍」の方が適した言葉となり、また、これから成長する人に対しては「飛躍」が適した言葉となるということに注意し使い分けることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典