スポンサーリンク

「餃子」と「シュウマイ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「餃子」と「シュウマイ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スーパーやコンビニなどで手軽に購入できる「餃子」「シュウマイ」ですが、違いを知っていますか。

この記事では、「餃子」「シュウマイ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「餃子」とは?

「餃子」は、中国料理の点心の一つです。

中国語では「チャオズ」をいいます。

小麦粉を主原料にした皮で、肉や野菜などを包み込み、揚げる、蒸す、焼く、ゆでるなどの調理をします。

餃子の皮がスーパーなどで販売されており、家庭で手軽に「餃子」を作ることができますが、こだわりのある中華料理店では「餃子」を皮から作っています。

皮で包み込む肉は豚ひき肉が一般的です。

野菜は、ニラ、キャベツ、ニンニクなどが使用されます。

具材は皮で三日月形に包まれ、皮のフチ部分はヒダ状に折りたたまれた形をしています。

「シュウマイ」とは?

「シュウマイ」は、中国料理の点心の一つです。

漢字では「焼売」と書き、中国語では「シャオマイ」と発音されます。

小麦粉を主原料にした皮で、肉や野菜などの具材を包み込み、蒸して調理をした食べものです。

肉は豚ひき肉が使用されることが日本では一般的です。

野菜はタマネギや長ネギなどが使用されます。

具材は皮で筒状に包まれ、上部は開いており具材を外から見ることができます。

「餃子」と「シュウマイ」の違い

「餃子」「シュウマイ」は、具材や調理方法が異なります。

日本での具材は、「餃子」は豚ひき肉、ニラ、キャベツ、ニンニクなど、「シュウマイ」は豚ひき肉、タマネギ、長ネギなどが一般的です。

調理方法は「餃子」は焼く、蒸す、ゆでる、揚げるなどですが、「シュウマイ」は蒸して調理をします。

まとめ

「餃子」「シュウマイ」は中国料理の点心の一つで、使用している具材に似たところがありますが、異なる料理です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典