スポンサーリンク

「養生テープ」と「布テープ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「養生テープ」と「布テープ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段の生活の中で、特に引越しなどの時には、「養生テープ」「布テープ」を使ったりします。

この記事では、「養生テープ」「布テープ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「養生テープ」とは?

「養生テープ」とは、建築や塗装、あるいは引越しなどで、汚れや傷を付けたくない場所に、紙や布などを固定するための粘着テープのことを言います。

場合によっては、「養生テープ」だけで、養生することもあります。

「養生テープ」は、最終的に剥がすのが目的です。

そのため、粘着力が弱く、剥がしやすいのが特徴です。

「養生テープ」にはさまざまな色があるので、用途に合わせて色分けをしたりすることができます。

「養生テープ」の他にも保護目的で使われるものとして、「マスキングテープ」があります。

これは紙製でできているので、強度は「養生テープ」よりも弱くなります。

「マスキングテープ」は主に、塗装の時に使われることが多いようです。

「布テープ」とは?

「布テープ」とは、布でできている粘着テープのことです。

「布テープ」は手でもまっすぐに切ることができる上、粘着力が強いのが特徴です。

そのため、「布テープ」を使うことで、しっかりと梱包することができます。

他にも、「布テープ」の上に、油性マジックペンなどで文字を書くこともできます。

さらには、「布テープ」は重ねて貼ることができるので、よりしっかりと固定し、強度になります。

「布テープ」は梱包などで使われることが多いですが、同じ目的の粘着テープには「クラフトテープ」があります。

「クラフトテープ」の方が軽く、安価ではありますが、「布テープ」に比べると、粘着力は弱くなってしまいます。

「養生テープ」と「布テープ」の違い

「養生テープ」「布テープ」の違いを、分かりやすく解説します。

「養生テープ」は傷や汚れを付けたくない場所に使用する粘着テープです。

ですが、目的を果たせば、最終的には剥がすものなので、粘着力は弱くなっています。

一方、「布テープ」は、布でできた粘着テープなので、粘着力は強度です。

さらに、手でまっすぐに着ることができ、重ねて貼ることもできる上に、文字を書くことも可能です。

この二つはそもそも使う目的が違うので、それぞれに合った使い方をするようにしたいものです。

まとめ

粘着テープにはさまざまな種類があります。

それぞれメリットとデメリットがあります。

なので、メリットを生かした使い方をしていきたいものです。

粘着テープの中でも、特に粘着力が違う二つが、この「養生テープ」「布テープ」だと言えるでしょう。

最近はデメリットを減らし、なるべく多目的で使えるようにした粘着テープもあるようです。

また、カラーバリエーションも豊富になってきたので、用途に合わせて使い分けることができます。

「養生テープ」「布テープ」はいろいろな場面で活躍しています。

いろいろな種類の粘着テープの特徴を知ることによって、さらに使いやすくなるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典