「駄菓子」と「和菓子」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「駄菓子」と「和菓子」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「駄菓子」「和菓子」の違いを分かりやすく説明していきます。

「駄菓子」とは?

「駄菓子」の意味と概要について紹介します。

「駄菓子」の意味

「駄菓子」「だがし」と読みます。

意味は「お菓子の中でも特に安価なもの」です。

「駄菓子」の概要

「駄菓子」は、お菓子の一種ですが、中でも値段が安くて気軽に食べられるもののことを言います。

少し前までは「駄菓子屋」というお店があり、子供がお小遣いの小銭を持って行き、箱の中から直接1個だけ取り出して買い、そのまま食べるなどしていました。

「駄」「値打のないもの」という意味で、江戸時代に使われる様になった言葉です。

当時は「お菓子」には高級な上白糖が使われ、とても庶民は食べられなかったことから「上菓子」と呼ばれていました。

そこで上白糖の代わりに安い黒糖を使い、「上菓子」に対して「駄菓子」と呼んだのです。

ここから「駄菓子」=「安い菓子」として使われる様になりました。

「和菓子」とは?

「和菓子」の意味と概要について紹介します。

「和菓子」の意味

「和菓子」「わがし」と読みます。

意味は「日本の伝統的な菓子のこと」です。

「和菓子」の概要

「和菓子」は、日本の伝統的な菓子のことで、明治時代に海外から入ってきた「洋菓子」に対して使われる様になりました。

「和菓子屋」で売られている「まんじゅう、ようかん、くずもち」などから、「かすてら」などの南蛮菓子も含まれます。

「和菓子」の特徴と言えば、視覚的な美しさで、四季折々の季節感を表現した創作菓子があります。

職人が技術と感性を生かして作り上げる美しい「和菓子」は、世界でも高い評価を受けています。

「駄菓子」と「和菓子」の違い!

「駄菓子」「お菓子の中でも特に安価なもの」です。

「和菓子」「日本の伝統的な菓子のこと」です。

まとめ

今回は「駄菓子」「和菓子」の違いをお伝えしました。

「駄菓子は安い」「和菓子は上品」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典