「驚愕」と「驚嘆」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「驚愕」と「驚嘆」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「驚愕」「驚嘆」の違いを分かりやすく説明していきます。

「驚愕」とは?

「驚愕(きょうがく)」とは、「予期していない出来事(思いもよらない物事)を体験して非常に驚くこと」を意味している言葉です。

「驚愕」という表現は、「驚きの程度が非常に強いこと・驚きのレベルがとても高いこと」を意味しているのです。

例えば、「驚愕の事実が分かりました」などの例文で使うことができます。

「驚嘆」とは?

「驚嘆(きょうたん)」とは、「予想していなかった出来事(思いもよらない物事)を経験して驚いて感心(賞賛)すること」を意味している言葉です。

「驚嘆」という言葉は、「思いもかけない物事に驚いて、さらに感心(賞賛)すること」を意味しているのです。

例えば、「素晴らしい絵画を前にしてひたすらに驚嘆しました」といった文章で使用されます。

「驚愕」と「驚嘆」の違い!

「驚愕」「驚嘆」の違いを、分かりやすく解説します。

「驚愕」「驚嘆」もどちらも「思いがけない出来事(予測していなかった物事)を経験して驚くこと」という意味合いでは共通していますが、「驚愕」「驚きの程度の強さ」を意味していて、「驚嘆」「驚いてさらに高く評価すること」を意味している違いがあります。

「驚愕」というのは「非常に強く驚くこと(びっくりすること)」だけを意味していますが、「驚嘆」のほうは「予期していなかった物事(出来事)に驚いて、さらに感心したり賞賛したりすること」を意味している違いを指摘できます。

例えば、「彼の本当の実力に驚愕しました」「実力に非常に驚いたこと」だけを意味しますが、「彼の本当の実力に驚嘆しました」「実力に驚いて賞賛すること」までを意味している違いがあるのです。

まとめ

「驚愕」「驚嘆」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「驚愕」とは「予期していない出来事を体験して非常に驚くこと」を意味していて、「驚嘆」「思いがけない出来事を体験して驚いて感心すること」を意味している違いがあります。

「驚愕」「驚嘆」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典