「高学歴」と「低学歴」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「高学歴」と「低学歴」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「高学歴」「低学歴」の違いを分かりやすく説明していきます。

「高学歴」とは?

「高学歴(こうがくれき)」とは、「相対的に学歴が高いこと・比較的学歴が高い人」のことを意味しています。

一般的に「高学歴」という場合には、「最終学歴が大卒以上であることやその人」を意味しています。

ただし狭義の「高学歴」には、「偏差値(入学・卒業の難易度)が高い大学・大学院を卒業(修了)していること」といったニュアンスもあります。

「低学歴」とは?

「低学歴(ていがくれき)」とは、「相対的に学歴が低いこと・比較的学歴が低い人」のことを意味しています。

一般的に「低学歴」という場合には、「最終学歴が中卒・高卒であることやその人」を意味しています。

ただし「低学歴」と差別的・揶揄的にいう時は、「難関大卒(大学院修了・修士以上の学位取得)以外の学歴やその人」をまとめて意味していることもあります。

「高学歴」と「低学歴」の違い!

「高学歴」「低学歴」の違いを、分かりやすく解説します。

「高学歴」「低学歴」の根本的な違いは「相対的な学歴が高いのか低いのか」にあります。

一般的に日本において「高学歴」という場合は「最終学歴が大卒以上であることやその人」のことを意味していますが、「低学歴」のほうは「最終学歴が中卒・高卒であることやその人」のことを意味している違いを指摘できます。

ただし人によっては「高学歴」「難関大卒・大学院修了(修士・博士の学位取得)であることやその人」に限定して使い、それ以外の学歴の人たちをまとめて「低学歴」と呼ぶことがある違いもあります。

まとめ

「高学歴」「低学歴」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「高学歴」とは「相対的に学歴が高い人・最終学歴が大卒以上であることやその人(狭義では最終学歴が難関大卒・大学院修了で学位取得の人)」を意味していて、「低学歴」「相対的に学歴が低い人・最終学歴が中卒や高卒であることやその人」を意味している違いがあります。

「高学歴」「低学歴」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典