「鬱積」の意味とは!類語や言い換え

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「鬱積」とは?

「鬱積」とは不平や不満が心の中に溜まることを言います。

「鬱積」の読み方

「鬱積」と書いて「うっせき」と読みます。

「うつせき」と読み間違えないように気をつけましょう。

「鬱積」の表現の使い方

「鬱積」とは不平不満が内面に溜まっている状態を言います。

自分のことや人のこと、どちらにも使えますが、使い方としては「彼は、鬱積した疲れからか、すっかり暗くなっている」「彼女に対する怒りや、恨みが鬱積していた」という風に使います。

「鬱積」を使った例文と意味を解釈

それでは「鬱積」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

「鬱積」を使った例文1

「彼女は自分勝手な怒り、妬みを鬱積し、ついには周りを巻き込んだ大騒動に発展させた」

「鬱積」とは不平不満を心に溜めることですが、その不平不満とはもっともな理由である場合もあれば、自分勝手な思いから起こっているものも色々と種類があります。

例文の場合は、自分勝手な不平不満を募らせていたことがわかります。

「鬱積」を使った例文2

「心に鬱積した思いがあるので、そう簡単に何もなかったようにはできない」

長い間、苦しみ我慢したことというのは、そう簡単にはなくなりません。

そのような心に溜まった思いのことを「鬱積」という言葉で言い表すのです。

簡単に水に流せるようなことならばそもそも「鬱積」しないのです。

「鬱積」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「鬱積」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

「鬱屈」【うっくつ】

「鬱屈」とは気分が晴れない、ふさぎ込む、憂鬱な気分であるという意味です。

「彼はどうやら、鬱屈した日々を過ごしているらしい」「鬱屈した気持ちでいるから、何をしても楽しくない」という風に使います。

「欲求不満」【よっきゅうふまん】

「欲求不満」とは自分の欲求が何かの障害により、阻止されている状態で、その結果、不快、緊張、不安といった気持ちになっていることを言います。

その「欲求」とは人によって様々です。

例えばダイエットをしている、禁煙をしているといった人は、甘いものが食べられない、たばこが吸えないといった状態は「欲求不満」になる可能性があります。

「欲求不満だからイライラしているんじゃない」「僕は欲求不満を抱えている」などと使います。

「ストレス」

「ストレス」とは精神的、肉体的に、負担となる刺激、状況のことを言います。

「ストレス解消に励む」「ストレスが溜まる」などと使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典