スポンサーリンク

「14金(K14)」と「18金(K18)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「14金(K14)」と「18金(K18)」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「14金(K14)」「18金(K18)」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「14金(K14)」とは?

「14金(K14)」とは、「純度が58. 5%の金(金58. 5%+混合物41. 5%の貴金属)」を意味しています。

金の純度は“Karat”(カラット)」で表現され、「K1」「24分率(1/24)の4. 17%」になります。

「純金(純度100%・99. 99%以上)」「24金・K24」と表記されます。

「14金(K14)」「純度58. 5%の金」で、約41. 5%の「銀・銅・パラジウム」などを混合した貴金属です。

「14金(K14)」「18金(K18)」よりも淡いゴールドの色味で硬く、ややカジュアルな「アクセサリー」の雰囲気が出ます。

海外のアクセサリーに多いです。

「18金(K18)」とは?

「18金(K18)」とは、「純度が75%の金(金75%+混合物25%の貴金属)」を意味しています。

「18金(K18)」「純度75%の金」で、約25%の「銀・銅・パラジウム」などを混合した貴金属です。

「18金(K18)」は強いゴールドの色味があり、「アクセサリー」に適したやや硬い金になります。

「14金(K14)」と「18金(K18)」の違い!

「14金(K14)」「18金(K18)」の違いを、分かりやすく解説します。

「14金(K14)」「18金(K18)」はどちらも「金(ゴールド)」を意味する言葉ですが、「14金(K14)」「18金(K18)」では金の純度が異なっています。

「14金(K14)」「純度58. 5%の金」ですが、「18金(K18)」のほうは「純度75%の金」を意味している違いを指摘できます。

「14金(K14)」「18金(K18)よりも軽くて硬い・ゴールドの色味が弱い・傷がつきにくい」といった違いも持っています。

まとめ

「14金(K14)」「18金(K18)」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「14金(K14)」とは「純度58. 5%の金・18金よりも軽くて硬い」を意味していて、「18金(K18)」「純度75%の金・14金よりもゴールドの色味が強くて重い」を意味している違いがあります。

「14金(K14)」「18金(K18)」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典