スポンサーリンク

「A4」と「B5」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「A4」と「B5」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「A4」「B5」はどちらが大きいのでしょうか。

サイズの違いを分かりやすくまとめました。

スポンサーリンク

「A4」とは

「A4」「A」とは、もともとドイツで作られた規格で、現在では、国際規格のサイズとなっています。

A0は、1平米の面積の長方形で、その紙を4回折りたたんだサイズがA4です。

横が210mmで、縦が297mmになっています。

コピー用紙、チラシやノート等に使われています。

「B5」とは

Bサイズとは、JIS(日本工業規格)で決められた規格で、B0サイズは面積が1. 5平米ある長方形です。

B5は、横が182mm、縦が257mmの大きさになります。

B6サイズの2倍の大きさで、B4サイズの半分の大きさです。

雑誌や辞典などに使われています。

ノートには、少し小さな「セミB5」というサイズが採用されていることが多く、179mm×252mmになっています。

「A4」と「B5」の違い

「A4」「B5」では、A4の方が大きなサイズです。

A4を100%としたときには、B5は、84%になります。

A4をB5にカットしたいときには、長い方を40mm、短い方を28mmカットすると、B5になります。

まとめ

「A4」「B5」の違いについて説明しました。

国際規格がAサイズ、日本規格がBサイズです。

コピー用紙やノートなどにはA4サイズが最も使用されていますが、少し小さくて扱いやすいB5サイズも人気となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典