スポンサーリンク

「answer」と「reply」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「answer」と「reply」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、“answer”“reply ”の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「answer」とは?

“answer”は、質問や疑問に対して人物などが答えることです。

英語においては、人物が答えるのが“answer”にあり、他にも一応、形式上受け答えをする場合、“answer”という言葉を使用することもあります。

「answer」の使い方

“answer”は疑問や答えなどについて、人間が答える場合、“answer”です。

このとき、とりあえず、答えておこうとする姿勢を、“answer”と呼びます。

つまり、よく考えて正しい答えを出す場合、“answer”を使用するのは不適切となるのです。

「reply 」の使い方

“reply ”は、答えるべく質問や答えについてよく考えたうえで答えることです。

そのため、とりあえず答えておけばよいというニュアンスよりも重く、よく考えた上の答えであるとします。

そのため、“answer”よりももっと重く相手に対して問や疑問に対する答えをよく考えて出したのだと理解してもらえるのがこの、“reply ”という英単語なのです。

「answer」と「reply 」の違い

“answer”“reply ”の違いは、人間が質問や疑問などに答えるのと、書面に起こして間違いがないよう疑問や質問に答えるという違いがあります。

そのため、“reply ”は、主に書面などに文字を起こして対象となる人物の疑問や質問に答えるため、証拠が残ります。

逆を言えば、“answer”は簡易的な答えであるため、言ってしまえば、間違いがあっても許されるようなものについて答えるという感じです。

そのため、“reply ”は、書面で正式に答える場合によく英文で登場する英単語で、とりあえず、利用者の方や提示版などを見ている方の疑問に答えておけばそれでよいかというニュアンスの疑問などについては、“answer”という単語を使用して、とりあえず答えですというニュアンスを伝えるのです。

まとめ

“answer”“reply”の違いは、疑問や質問に答える正確さが違います。

“answer”はとりあえず用意した答えになり、別に間違っていてもそれで良しとしています。

ですが、“reply ” は書面に残したりする答えであるが故、より正確性が必要な答えに対して使用するため違いは正確さにあります。

ですので、提示版などでとりあえず答えを知りたがっている場合においては、“answer”でよいのですが、より正しい正確な答えや答弁を必要とする場合、“reply ”という英単語を利用して、正しく答弁するという意思を示すのです。

しかし、“reply ”という言葉を使用して、答えるという意思を示した場合、答えが明確ではない場合、大きな反感を食らうのがこの“reply ”という言葉で、その理由は、正しく答弁するという意思、を示している割には誠意が伝わらないわけですから、反感を食らっても仕方がないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典