スポンサーリンク

「cc」と「ml」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「cc」と「ml」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「cc」「ml」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「cc」とは?

“cubic centimeter”の略で、立方センチメートルの単位です。

体積を表します。

「cc」は液体に使われることが多い単位です。

たとえば、レシピ本にこの表示が見られることが多くあります。

料理を作るときには、水、牛乳、ダシなど液体を使うことがあります。

それらをどれくらい使うのか表すときに、「cc」が用いられます。

野菜、魚、小麦、肉などの固形物は「g」でどれくらい使用するのか表すことが多いのですが、液体は「g」で表すこともあれば、「cc」で表すこともあります。

「g」でも「cc」でも、間違いではありません。

水の場合は1ccで1gです。

「cc」の使い方

液体の容積を表すときに使用します。

販売されている飲料に使われることは少なく、レシピ本などで使われています。

「ml」とは?

“millilitre”のことです。

体積の単位を表します。

体積とは、立体が空間を占める割合のことです。

1立方センチメートルが1mlになります。

1mlは1Lの1000分の1です。

つまり、1000mlで1Lになります。

水は比重が1. 0ほどなので、「ml」ではかったときと「g」で」はかったときで、ほぼ同じ量です。

「ml」の使い方

計量カップ、飲料、レシピなどでこの表示が見られます。

液体の体積を表すときに使われている言葉です。

販売されている飲料は、「ml」「L」で表すこともあれば「g」「kg」で表すこともあります。

どちらで表しても間違いではありません。

容器につめるときに重さで管理しているときは「g」「kg」、容積で管理しているときには「ml」「L」を使っているようです。

たとえば、甘酒だと「g」で表示されることもあれば、「ml」で表示されることもあります。

牛乳、ミネラルウォーが-、茶などは「ml」で表示されることが多いです。

レシピでは、牛乳や水など液体の分量を表すときに使用されます。

「g」で示されることもありますが「ml」の方が一般的です。

水は1mlで1gですが、牛乳は1mlで1. 03gほどになります。

液体によって比重が違い、「ml」ではかったときと「g」ではかったときの量が違ってしまうことがあります。

そのため、レシピで「ml」と書かれているなら、「ml」で計量する必要があります。

「cc」と「ml」の違い

どちらも体積を表しています。

1ccが1mlです。

液体に対して使われることが多くあります。

「cc」の例文

・『100ccの牛乳を用意してください』

・『水50ccを加えます』

・『200ccの水を鍋に入れて沸騰させます』

・『計量カップを使って水20ccをはかる』

「ml」の例文

・『毎日牛乳を200ml飲んでいます』

・『水150mlを混ぜてください』

・『きっちり300mlを用意してください』

・『200mlまではかれる計量カップ』

まとめ

どちらも記号で、体積を表すときに使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典