「Cookie(クッキー)」と「キャッシュ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Cookie(クッキー)」と「キャッシュ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Cookie(クッキー)」「キャッシュ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「Cookie(クッキー)」とは?

「Cookie(クッキー)」の意味と概要について紹介します。

「Cookie(クッキー)」の意味

「Cookie(クッキー)」とは、「ブラウザでWebサイトを表示したデータを保存しておく機能のこと」です。

「Cookie(クッキー)」の概要

「Cookie(クッキー)」は、端末のブラウザでWebサイトを表示した時に、その履歴をデータとして保存しておく機能のことを言います。

例えば、会員サイトでのログインで使用したIDやパスワード、ECサイトで通販を利用した時の購入履歴などです。

これらを保存することにより、次回のログイン時にIDやパスワードが自動表示されたりなど、ブラウザをスムーズに利用できます。

企業側においては、ユーザーのアクセス履歴に応じて広告を表示させられるというメリットがあります。

「キャッシュ」とは?

「キャッシュ」の意味と概要について紹介します。

「キャッシュ」の意味

「キャッシュ」は、「ブラウザで表示したページのHTMLや画像を一時的に保存しておく機能ここと」です。

「キャッシュ」の概要

「キャッシュ」は、端末のブラウザで一度表示したページのHTMLや画像を、一時的に保存しておく機能のことを言います。

次に同じページにアクセスする時に、「キャッシュ」のお蔭で素早く画面を表示できます。

「キャッシュ」は、過去に保存されたデータが残っているもので、最新とは限りません。

古い「キャッシュ」が残っていると、古いデータが読み込まれて表示されることもあるのです。

また、「キャッシュ」は増えすぎるとブラウザのメモリを圧迫して、パフォーマンスが低下することがあるので、定期的に削除します。

「Cookie(クッキー)」と「キャッシュ」の違い!

「Cookie(クッキー)」は、「ID・パスワードや履歴を保存する機能」です。

「キャッシュ」「ページのHTMLや画像を保存する機能」です。

まとめ

今回は「Cookie(クッキー)」「キャッシュ」の違いをお伝えしました。

「Cookie(クッキー)は個人情報」「キャッシュは画像データ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典