スポンサーリンク

「eyesore」と「earsore」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「eyesore」と「earsore」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「eyesore」「earsore」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「eyesore」とは?

「eyesore」の意味は以下の通りです。

1つ目は「醜悪なもの」という意味で、みにくくい、気味が悪いなど見るにたえないもののことを言います。

2つ目は「目障りなもの」という意味で、自分にとって邪魔になるものや、不愉快になるもののことを言います。

上記に共通するのは「見たくないもの」という意味です。

「eyesore」の使い方

「eyesore」「醜悪なもの」「目障りなもの」という意味で使われます。

名詞として使われ、あるものの見た目を蔑視した代名詞としても使われます。

「sore」「ひりひりする」「痛みを感じる」「苦痛な」「酷い」などの意味で、「sore throat」「のどの痛み」という意味になります。

「eye」「目」という意味ですので、「eyesore」「目に苦痛を感じること」になり、見た目が悪くて見るにたえないものや、自分にとって不都合なものに対して使われる言葉です。

「earsore」とは?

「earsore」の意味は以下の通りです。

1つ目は「表現が酷いもの」という意味で、過激な表現や下品な表現などで、聞くにたえない様子を言います。

2つ目は「耳障りなもの」という意味で、音量が大きすぎたり、ノイズがあったり、生理的に不愉快になる音声のことを言います。

上記に共通するのは「聞きたくないもの」という意味です。

「earsore」の使い方

「earsore」「表現が酷いもの」「耳障りなもの」という意味で使われます。

名詞として使われ、音が悪い、大きすぎるものを悪く言う代名詞としても使われます。

「ear」「耳」という意味で、「earsore」「耳に苦痛を感じること」になり、聞きたくない様な表現や、音が大きすぎたりノイズだらけで酷い時に使われる言葉です。

「eyesore」と「earsore」の違い

「eyesore」「見た目が悪いもの」「目障りなもの」という意味です。

「earsore」「聞こえが悪いもの」「耳障りなもの」という意味です。

「eyesore」の例文

・『She is always an eyesore to me. 』(彼女は私にとっていつも目障りな存在だ)

・『That signboard is a real eyesore. 』(あの看板は本当に目障りだ)

・『This is real eyesore. 』(これは本当に目の毒だ)

「earsore」の例文

・『Their music is a real earsore. 』(彼らの音楽は本当に耳障りだ)

・『A campaign speech is a earsore. 』(選挙演説は耳障りだ)

・『A crow cawing is a real earsore. 』(カラスの鳴き声が耳障りだ)

まとめ

今回は「eyesore」「earsore」について紹介しました。

「eyesore」「目障り」「earsore」「耳障り」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典