「female」と「woman」と「lady」の違いとは?

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「female」の意味とは?

“female”の意味は「生物学的な分類における女性・女・雌(メス)」であり、“female”には「人格的な価値や尊厳・社会文化的な意味」などは含まれないという特徴があります。

“female”は英語で「女・雌」を意味する名詞や形容詞として使われる言葉であり、“sex”(生物学的性差)」の分類(子孫を生み出す生殖機能を持つ性)を意味しているのです。

生物学的性差であるSexの分類は、“female”(女・雌)と“male”(男・雄)で表現することができますが、“female・male”には「社会文化的な意味合い」は加えられていません。

パスポートや公的書類の性別にも、“F・M”が用いられることが多くなっています。

“female”は、「大人の女性・未成年の女子や女児・動物のメス・植物のめしべ」などの生物学的な女・雌の性に対して使えます。

「woman」の意味とは?

“woman”の意味は、「個人としての人格や人権・ライフスタイル・尊厳にフォーカスされた女性」「社会文化的・職業的・生活的な背景を持っているリアルな女性」になります。

“woman”の複数形は、“women”です。

“woman”「大人の女性」のみを意味しているので、「未成年の女子・女児」“woman”ではありません。

女子・女児は“girl”、大人になりきっていない若い女性は“young woman”の英語で表現できます。

社会的・文化的な性差である“gender”(ジェンダー)の分類は“woman”(女性)と“man”(男性)で表現できますが、人権・人格・社会的側面が重視される“woman・man”には「雌(メス)・雄(オス)」という生物学的分類のニュアンスはありません。

「lady」の意味とは?

“lady”の意味は、“woman”の敬称=直接的に対面して成人女性を呼ぶ時の丁寧な言い方になります。

“lady”とは「貴婦人・ご婦人・淑女・お嬢様」といった意味のニュアンスがある英単語であり、基本的に「気品・教養・倫理観(貞節・慎み深さ)のある大人の女性」のことを“lady”というのです。

英語で名前の分からない成人女性を対面で呼ぶ時に、“woman”と呼ぶと直接的に「女」と呼ぶような感じで失礼になるので、“lady”(ご婦人・お嬢様)」と呼んだ方が丁寧で紳士的な呼び方になるのです。

“Ladies and gentlemen”(紳士・淑女のみなさま).」という呼びかけでも、“lady”はお馴染みの英単語です。

「female」と「woman」の違い

“female”“woman”の違いは、“female”「生物学的性差(sex)の分類における女・メス(未成年の女子・女児も含まれる)」を意味しているのに対して、“woman”「社会文化的性差(“gender”)・一般的な性別の分類における女性(大人の女性)」を意味しているということです。

“female”は子孫を生み出す生殖能力を持つ「生物としての女・メス」を意味しているだけですが、“woman”の方は「人格・人権・尊厳があり社会的文化的な背景を持つ大人の女性」を意味しているという違いがあります。

「female」と「lady」の違い

“female”“lady”の違いは、“female”「生物学的性差(“sex”)の分類における女・メス(未成年の女子・女児も含まれる)」を意味しているのに対して、“lady”「気品・教養・礼節・倫理観のある大人の女性・貴婦人や淑女に当たる女性」を意味しているという明らかな違いがあります。

“lady”“woman”よりも丁寧な女性の概念・呼び方であり、ただの生物学的な女・メスを意味する“female”とは「人格的・人権的・社会的な価値の重み付け(貴婦人の“lady”は社会的に他者から尊重されます)」がまったく違うのです。

「woman」と「lady」の違い

“woman”“lady”の違いは、“lady”“woman”の丁寧な言い方・呼称になっているということです。

一般的な人間の男女の性別を表現したい時には、“woman”を使うのが普通ですが、実際に目の前にいる名前を知らない女性に呼びかける時には“woman”(女性・女)よりも“lady”(貴婦人・ご婦人・淑女)の方が丁寧で品のある言い方・表現になります。

“woman”「人格・人権・尊厳・生活のある一般的な大人の女性(社会文化的な性別としての女性)」を意味しますが、“lady”はさらに「気品・教養・礼節を兼ね備えた立派で素敵な女性=貴婦人」を意味する英単語なのです。

「female」と「woman」と「lady」の日本語

“female”“woman”“lady”の英単語を、日本語に翻訳すると以下のようになります。

“female”……女性・女・雌・メス。

生物学的な性差(“sex”)である「女・雌」を、社会文化的価値を交えずに直接的に表現する英単語です。

“woman”……女性・大人の女性・個人として尊重される女性。

社会文化的な性差(“gender”)である「女性・成人女性」を、人格や人権・社会文化的な価値を認めた上で表現する英単語です。

“lady”……貴婦人・ご婦人・お嬢様・令嬢・淑女・奥様。

“lady”「気品と教養、礼節を備えた大人の女性の敬称」であり、実際に対面している名前の分からない女性(または会場にいる複数の女性)を呼ぶ時に使われる英単語です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典