スポンサーリンク

「FF外から失礼します」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「FF外から失礼します」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファイナルファンタジー?

Twitterのコメントの文頭で見かける「FF外から失礼します」とはどういう意味なのでしょうか?

この記事では、「FF外から失礼します」の意味について分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「FF外から失礼します」の意味とは?

「FF外から失礼します」とは、おもにSNS「Twitter」上において、お互いにフォローし合っていないアカウントにコメントや返信をする際の「前置きの挨拶」として使用されています。

「FF」とは「フォロー・フォロワー」のことであり、「FF外」とは「フォロー・フォロワーの関係ではないこと」「フォロー・フォロワーの枠外」を意味します。

要するに「わたしは、あなたにフォローもされていないし、あなたのフォロワーでもない無関係な人間ですが、コメントさせていただきます」という意味になります。

「FF外から失礼します」が使われるようになった経緯

「Twitter」をはじめ、気軽に誰とでも繋がることができるのがSNSの魅力です。

そんなSNSでも、「知らない相手にいきなりコメントをするのは失礼にあたらないか?」という相手に対する最低限の礼儀やマナーの意識から「FF外から失礼します」という前置きの挨拶が生まれたようです。

ちなみに、このフレーズは2012年ごろから使用されはじめたようです。

「FF外から失礼します」の必要性

「Twitter」において、まったく知らない相手に対してコメントをするときに、「FF外から失礼します」という挨拶は必ずしも必要なものではありません。

ただし、ユーザーによっては、前置きの挨拶もなくコメントすることを無作法に感じるユーザーもいます。

一方で、現実のやりとりとは違い、フランクなネット上でのやりとりを好んでいるユーザーにとっては多少煩わしいフレーズに感じる場合あるようです。

そもそも「FF外」の意味を知らないユーザーも一定数いるようです。

「FF外から失礼します」を使うのは日本だけ?

海外のSNSではこのような前置きの文句を使う風習はなく、礼儀を重んじる日本人の国民性が生んだ日本特有のネットスラングだと言えます。

「FF外から失礼します」の使い方

おもに、フォロー・フォロワーの関係ではないアカウントに対して、コメントや返信を投稿する際の前置きの挨拶として使用されます。

「突然のコメント失礼します」「通りすがりのものですが失礼します」とうニュアンスで使用されているようです。

「FF外から失礼します」を使った例文

「FF外から失礼します。今回のツイートですが、大変参考になりました」
「FF外から失礼します。私も最近、動物を飼いたい衝動に駆られていますw」

まとめ

「FF外から失礼します」とは、おもにSNS「Twitter」上において、お互いにフォローし合っていないアカウントにコメントを投稿する際の「前置きの挨拶」として使用されています。

「FF外」とは、「フォロー・フォロワーの関係ではないこと」という意味です。

「通りすがりのものですが失礼します」というニュアンスで用いられているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典