「HDD破壊」と「データー消去」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「HDD破壊」と「データー消去」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「HDD破壊」「データー消去」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「HDD破壊」とは?

「HDD破壊」の意味と概要について紹介します。

「HDD破壊」の意味

「HDD破壊」「ハードディスクはかい」と読みます。

意味は「端末に搭載されている、データを保存させる大容量記憶装置を破損させて、データを読み取れなくすること」です。

「HDD破壊」の概要

「HDD破壊」は、端末に記憶されているデータを読み取れなくする為に、ハードディスクを壊してしまうことを言います。

「HDD」「Hard Disk Drives(ハードディスクドライブ)」を省略した言葉で、は、写真や動画などを保存できる大容量記憶装置です。

データを保存する為の精密機械ですが、振動やほこりに弱く、故障するとデータが読み取れなくなってしまいます。

その性質を利用して、固いもので叩いたり、穴を開けたりして、物理的にデータを破壊するのです。

「データー消去」とは?

「データー消去」の意味と概要について紹介します。

「データー消去」の意味

「データー消去」「でーたーしょうきょ」と読みます。

意味は、「端末に保存してあるデータを、何らかの方法で完全に削除すること」です。

「データー消去」の概要

「データー消去」は、電子媒体に保存されているデータを、何らかの方法で読み取れない様に完全に削除することです。

端末のハードディスクに保存されたデータは、ゴミ箱に入れたり、削除したり、フォーマットや初期化しても完全には消去できません。

そこで、特殊なソフトウェアを使用したり、電磁気をかけたり、ハードディスク自体を破壊したりして、データを完全に削除すことを総称して「データ消去」と言うのです。

「HDD破壊」と「データー消去」の違い!

「HDD破壊」「端末のハードディスクを破損させて、データを読み取れなくすること」です。

「データー消去」「端末に保存してあるデータを、何らかの方法で完全に削除すること」です。

まとめ

今回は「HDD破壊」「データー消去」の違いをお伝えしました。

「HDD破壊は壊して読み取れなくする」「データー消去は壊したり削除する」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典