スポンサーリンク

「KP(けーぴー)」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「KP(けーぴー)」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「KP」(ケーピー)の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「KP」とは?意味

乾杯という漢字を“kanPai”とローマ字表記にしたものを“KP”(ケーピー)と略して表したものになります。

乾杯と同じような意味があり、友達同士や趣味仲間、会社の同僚など親しい人たちを何人も呼んで派手に乾杯してパーティを楽しんだり、カクテルやワインのグラスをカチンと軽くぶつけて鳴らした後にお酒の力を借りて会話を弾ませるときに使うスラング用語です。

この「KP」は、2019年にギャルの間で流行った言葉として1位をとったほど流行し、多くの女子中高生の間で認知されている言葉になります。

「KP」の概要

2019年にはJC・JK流行語大賞の3位に選ばれている「KP」は学生の間で流行ったもので、とくに女子高生のギャルが「KP~」と楽しそうに盛り上がる様子を動画で見せるときに使う言葉でもあるのです。

動画を撮り、サイトに投稿することが好きなギャルは、“Instagram”(インスタグラム)や“TikTok”(ティックトック)にストーリーを投稿するなどかなり盛り上がっているときに「KP~」と語尾を伸ばしながら明るく言葉を発し、いかに楽しい気分でいるかを伝えます。

「KP」の言葉の使い方や使われ方

元気のいいギャルや10代の女性がSNS上に盛り上がる様子を投稿するとき「KP」と言って、まるで乾杯しているかのように楽しいという気持ちを伝えます。

主に、使う人は中学生、高校生、大学生の女性で、ノリのいい人でSNSをよくやる人で、多くの10代や20代に向けて「一緒に乾杯して盛り上がろう」と持ちかけるときや、その場を盛り上げたいと思うとき使うわけです。

動画を通して、友達や彼氏の誕生日を祝ってあげるときや、入学、卒業をお祝いするときに「KP」と言って祝福してあげて、相手と幸せな時を過ごしたいと思うとき盛大に盛り上げます。

もっとその場の雰囲気が盛り上がったときは「KP~」と語尾を伸ばし、気分が上がった様子を文字にして表してみるのも女子高校生の間では流行っている使い方になります。

注意したいのは、砕けた言葉でもありますので、あくまでも仲良しの同学年か知り合いで、この言葉の意味を知っている人に対して使いましょう。

「KP」の言葉を使った例文(使用例)

・私の大切な友達の美和、17歳のお誕生日おめでとう。

「KP~」
・卒業おめでとう「KPしよう」

「KP」ありがとう。

こちらからも「KP」でお返しするから。

動画を視聴している相手が誕生日であるとき乾杯して祝うという気持ちを伝えるときダンスを踊ったり、投げキッスを送ってより祝福します。

また、学校に無事受かったときや卒業したときは盛大に乾杯して、祝ってくれた人に対して同じように乾杯してお返しするわけです。

まとめ

SNSにはハッシュタグを付けて「♯KP」と投稿し、多くの人が検索しやすいようにしたり、学校が休みの日に集まって仲良しの人とジュースで乾杯するときに使えば盛り上げられる楽しい言葉になります。

実際にお酒を呑むのではなく、あくまでも呑んでいるような雰囲気を作りたいときに使えばみんなを楽しい気分にできる言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典