スポンサーリンク

「math」と「mathematics」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「math」と「mathematics」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、“math”“mathematics”の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「math」とは?

“math”とは、「英語におけるmathematicsの短縮形・略語」を意味しています。

そのため、“math”という英語の名詞は、そのまま「数学・算数」を意味していることになります。

“math”という数学の略語は、英国英語では“maths”と発話・表記されることもありますが、意味はまったく同じになります。

“math”と別の単語を合わせた熟語には、「math class(数学の授業)」「math course(学校における数学のコース・課程)」「math disability(計算障害)」「math and science education(数学と科学の教育・理系科目の教育)」などがあります。

「mathematics」とは?

「mathematics(マスマティクス)」とは、「数学の学問・算数の科目」を意味している英語の名詞です。

“mathematics”は英語の語源を遡ると「数学に含まれる代数学・幾何学・微積分などの複数形」の扱いなのですが、現代では「不可算名詞・単数形の扱い」となっています。

「mathematics」の単語を含む熟語には、「mathematics degree(大学教育における数学の学位)」「mathematics enthusiast(数学愛好者)」などがあります。

「math」と「mathematics」の違い

“math”“mathematics”の違いを、分かりやすく解説します。

“math”“maths”という英語は「mathematicsの略語」に当たり、両者に意味の違いはありません。

“math”“mathematics”はどちらも、「数学・算数・計算」を意味する同義語になります。

「math」の例文

・『Math(Maths) is an abbreviation for mathematics. 』
(math・mathsというのは、数学を意味する略語なのです。)

・『I dropped my math credits and stayed for a year. 』
(私は数学の単位を落としてしまい留年しました。)

「mathematics」の例文

・『She was blessed with a talent for mathematics. 』
(彼女は数学の才能に恵まれていました。)

・『That student won the world mathematics tournament last year. 』
(あの生徒は数学の世界大会で優勝しました。)

まとめ

“math”“mathematics”の違いを詳しく説明してきました。

“math”“mathematics”は共に「数学・算数」を示している英語の同義語であり、この二つの英語の名詞には意味の違いはありません。

“math”“mathematics”の違いを調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典