「OL」と「キャリアウーマン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「OL」と「キャリアウーマン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「OL」「キャリアウーマン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「OL」とは?

「OL」とは、英語で“office lady”という和製英語で、意味は女性の事務員ということになります。

もともとは「オフィスガール」と呼ばれていたのですが、「オフィスレディ」となり略して「オーエル」と呼びます。

「キャリアウーマン」とは?

「キャリアウーマン」とは、英語では“career woman”と綴ります。

熟達した知識、技術を持ち「専門職」についている女性を言います。

イメージ的に職場に長くいる、仕事一筋といった女性に使われやすいのですが、本来の意味は「専門的な知識、技術を要する職」ですので、いわゆる「お局様」とは意味合いが違いますので混同しないようにしてください。

「OL」や「キャリアウーマン」の違い!

「OL」「キャリアウーマン」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも働いている女性という共通点はありますが、言葉の意味が違いますので、使い分けるようにしてください。

「OL」とは、会社、官庁などで事務職に就いている女性のことを言います。

日本語に直せば「女性事務員」となります。

ですから会社員と言っても、営業、販売、といった業種であれば「OL」とはならないのです。

「キャリアウーマン」「キャリア」とは専門的な知識、技術を要する職業に就いている、また経験豊富といった意味があります。

つまり「キャリアウーマン」とは知識、技術を持ち、専門職に就いている女性に使う言葉となります。

言葉のイメージとして、プライベートよりも仕事優先、ばりばりと働いている女性といった意味にとらえられがちですが、実はそうではありません。

「キャリア」の意味を正しく理解しておくようにしましょう。

まとめますと「OLは女性事務員」「キャリアウーマンは知識、技術を持ち専門職に就いている女性」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「OL」「キャリアウーマン」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この記事を読み、それぞれの特徴、違いを理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典