「OL」と「サラリーマン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「OL」と「サラリーマン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「OL」「サラリーマン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「OL」とは?

「OL」とは「オフィスレディー」のことで、会社、官庁などで「事務」の仕事をしている女性のことを言います。

例えば会社員であっても、仕事内容が営業、販売といったことであれば「OL」とは表現しません。

「サラリーマン」とは?

「サラリーマン」「サラリー」とは、英語で“salary”と綴ります。

意味は月給、給料、俸給となりますので、「サラリーマン」は給料をもらって生活をしている人、務め人、月給取りという意味になります。

言葉の持つイメージとして、会社勤めをしている男性ととらえられがちですが、本来の意味は雇われて給料をもらっている人ですから、自営業以外の様々な人を表しているわけです。

「OL」や「サラリーマン」の違い!

「OL」「サラリーマン」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも、会社に勤めている人という意味では同じですが、それぞれの言葉の意味が違いますので、混同しないようにしてください。

「OL」とは会社、官庁などにおいて、事務仕事をしている女性を表す言葉です。

もともとは「オフィスガール」と呼ばれていましたが、現在では「オフィスレディー」、略して「OL」として定着しています。

会社勤めをしている女性全般を表すわけではなく「事務仕事」という業務内容をしている女性限定となります。

一方の「サラリーマン」は本来の言葉の意味は「給料をもらって生活をしている人」となります。

と、すれば、男性も女性も、様々な職種の人を含む言葉となるのですが、一般的には「会社勤めをしている男性」=「サラリーマン」といった呼び方が定着しています。

まとめますと「OLは会社、官庁などで事務仕事をしている女性」「サラリーマンは給料生活者、務め人、会社勤めをしている男性全般」と、なります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「OL」「サラリーマン」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味、イメージなど理解して使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典