スポンサーリンク

「precious」と「valuable」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「precious」と「valuable」の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、“precious”“valuable”の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「precious」とは?

“precious”の意味は以下の通りです。

1つ目は「高価な」「貴重な」という意味で、価値の高い品物のことを言います。

2つ目は「大事な」「かわいい」という意味で、大切なものである様子を言います。

3つ目は「細かい」「凝った」という意味で、人の言動が細やかな様子を言います。

4つ目は「立派な」「大した」という意味で、皮肉の意味で使われます。

上記に共通するのは「他にはない価値がある」という意味です。

「precious」の使い方

“precious”「高価な」「大事な」「細かい」「立派な」などの意味で使われます。

形容詞として使われたり、副詞として「ひどく」「えらく」「ばかに」という意味で使われたりします。

基本的に、宝石や金など他にはない高い価値のある様子に使われる言葉です。

「valuable」とは?

“valuable”の意味は以下の通りです。

1つ目は「高価な」という意味で、金額が高い品物のことを言います。

2つ目は「貴重な」という意味で、めったにない様子を言います。

3つ目は「大切な」という意味で、その人にとって価値がある様子を言います。

4つ目は「有益な」という意味で、何らか得するものである様子を言います。

上記に共通するのは「金銭的な価値がある」という意味です。

「valuable」の使い方

“valuable”「高価な」「貴重な」「大切な」「有益な」という意味で使われます。

形容詞として使われたり、名詞形は「value」になり、「価値」「値打ち」「価格」「代価」「真意」「意義」などの意味で使われ、「バリュー」と日本語にもなっています。

基本的に、金銭的に価値があったり、実際に有益な様子に使われる言葉です。

「precious」と「valuable」の違い

“precious”「他には換えられない高い価値があること」という意味です。

“valuable”「金銭的、有用的に高い価値があること」という意味です。

「precious」の例文

・『It’s my precious time. 』
(私にとって貴重な時間です)
・『I had a precious experience. 』
(非常に貴重な経験ができました)
・『That is my precious memory. 』
(それは私の大切な思い出です)

「valuable」の例文

・『You will be received valuable information. 』
(あなたに貴重な情報をお送りいたします)
・『You are a valuable person to our company. 』
(君はわが社にとって貴重な人材だ)
・『Nothing is so valuable as friend. 』
(友人程価値あるものはない)

まとめ

今回は“precious”“valuable”について紹介しました。

“precious”「他にはない価値がある」“valuable”「金銭的に高い価値がある」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典