スポンサーリンク

「shall」と「will」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「shall」と「will」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「shall」「will」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「shall」とは?

「shall」とは、「~だろう・~でしょうの単純未来」「~するつもりだの意志未来」「~することになっているの予定・運命・義務」を意味する英語の助動詞です。

「shall」「willよりもかしこまった表現」「未来を予言する神様言葉のニュアンス」も持っています。

“Shall we dance?”(踊りませんか?)のように、「~しませんか・~しましょう」を示す用法もあります。

「will」とは?

「will」とは、「~だろう・~でしょうの単純未来」「~するつもりだの意志未来」を意味する英語の助動詞です。

「will」「shallよりも砕けた表現・日常会話でもよく使われる英単語」であり、「will」「人の意志未来」といった意味のニュアンスが強くなっています。

「shall」は基本的に「一人称」にしか使えませんが、「will」「一人称・二人称・三人称」のすべてに使えます。

例えば、“I will win this game.”(私はその試合に勝つつもりです)のような英文で使えます。

「shall」と「will」の違い!

「shall」「will」の違いを、分かりやすく解説します。

「shall」「will」はどちらも「未来時制において単純未来・意志未来を表す英語の助動詞」ですが、「shall」のほうが「will」よりも「かしこまった硬い表現で日常会話ではあまり使わない・神様の意志や予定のニュアンスがある」という違いがあります。

「shall」には“Shall we go to the shopping?”のように「~しませんか?」の用法がありますが、「will」にはありません。

「shall」「神様言葉」とも言われ、「will」よりも「神様の意志・予定・運命・義務・当然」の意味合いが強い違いも指摘できます。

まとめ

「shall」「will」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「shall」とは「willよりもかしこまった表現・神様の意志・Shall we~で~しませんかを示す」を意味していて、「will」「shallよりも砕けた表現・willは人の意志未来を示す」を意味している違いがあります。

「shall」「will」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典